49.トランプさん、負けないで!

  • 2020/10/17(土) 17:35:00

現在、アメリカ大統領選の真っただ中ですが、
僕は個人的には絶対にトランプさんを応援しているのです。

何故なら、もしトランプさんが負けたら、
中国ベッタリで既に親子で巨額の援助を得ている認知症気味のバイデン候補が大統領になり、

バイデンがあまりにボケて使い物にならなくなったら、
副大統領になる予定のカマラ・ハリスが大統領の職務を引き継ぐことになるからです。

もし、バイデンが大統領になって、
完全にボケるのが多少遅れたとしても、

現在行われている中国への徹底的な締め上げ攻撃は、
すぐさま終わらせてしまうことになるでしょう。

その結果、
中国は資金とウソの約束を世界中に振りまきながら、
再び自由主義陣営の正常な今の世界バランスをズタズタに分断し、

世界を中国共産党の思うがままに変えようとするでしょう。

その汚いやり口と圧倒的な攻勢は、
世界を瞬く間に今の中国国内と変わらない言論の自由が無い、
「共産党による徹底的な監視社会」に組み込むことになります。

ですから、
どうしてもトランプさんには勝ってもらわなくてはなりません。

そして、
米国と日本とオーストラリアとインドで作る四カ国戦略対話(ダイヤモンド体制)をしっかりと確立させて、

そこにアジアの諸国や英国やドイツやフランスなども参加させる形で、
全世界的な中国包囲網を是非とも完成させなければならないのです。

ひいては、
自治区として勝手に取り込まれた周辺の民族国家を中国から切り離して独立させ、
中国共産党の力の源泉を絞り上げて枯渇させ、

名実ともにアジアの狭い地域に封じ込められた小国として、
二度と世界覇権の野望など夢見ることが出来ないように勢力を完全に削ぎ落す。

今のうちに、手遅れにならない内に、
徹底的に叩き潰す必要があるのです。

そのためには、
現在行われている中国への貿易関税や技術移転・高機能製品の徹底した禁輸や、
人的交流の遮断による共産党締め上げの攻撃
を少しも緩めるわけにはいかない時期なのです。

ですから、
バイデンという欲張りボケ爺さんとカマラ・ハリスという売名大好き性悪オバサンコンビに、
アメリカの政治の舵取りをさせる訳にいきません


これは、
下手をすると地球規模での世界の平和と繁栄に直に影響する選挙結果になります。

だから、僕は神に祈るような気持ちで、
毎日、アメリカ大統領選挙の行方を見守っているところなのです。

折角、日本でも、
共産党によって長年かけて密かに作り上げられてきてしまった既得権益の壁を、
菅政権がやっと切り崩し始めたところなのですから、、、。(^o^)/

では、次回また。


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する