167.なぜ、私達は「朝日」を潰せないのか?

  • 2022/01/25(火) 11:20:00

全くの素朴な疑問として、
なぜ私達(日本国民)は、「朝日新聞」を潰せないのだろうか?』と思うのだ。

このクソ新聞が、何十年も前から日本国民を唆(そそのか)し、
世界に向かって日本を辱(はずかし)め、貶(おとし)め続けてきたことがはっきりと分かっていて、
戦争を煽る朝日新聞-1-1

戦争を煽る朝日新聞ー2

戦争を煽る朝日新聞ー3-1

今だに、嘘や捏造や、屁理屈や切り取りを重ねて、
国民の平穏な暮らしやまともな政策の実現、政治家の活動を阻害し続けて攻撃し、

例えば、慰安婦問題。
例えば、徴用工問題。
例えば、靖国参拝問題。
例えば、南京大虐殺捏造問題、、、etcと、

悪意を持って穏やかな社会にいらぬ波風を意図的に起こしては平穏を乱し、   
国民の不安や不満を煽り立て続ける新聞社であることは周知の事実であるのに、

なぜ、未だにこのクズどもが好き放題している会社を、
我々は、完膚なきまでに叩き潰してしまうことが出来いないのだろうかと、素直に疑問に思ってしまうのだ。

私は、「過激な事」を言ってるとは全然思わない。

そりゃあ「言論や思想」には、自由が有るだろう。

そんな言葉や概念は、私だって知っている。

しかし、普通に考えて、
誰であろうとこれほど一国の社会や政治の状況を無駄に掻き回して阻害していながら、
ただで済むという方がおかしくはないだろうか。

人権は尊重されなければならないし、どんな主義主張を持とうとそれは自由で、

ジャーナリズムが政治権力の横暴や暴走の監視役だと、
勝手に言い張り自認しているのは知っている。

だがしかし、例えそうだとしても、
これほどまでにこの国のためにならないことが確実で明白になって久しい存在が、

ほとんど制裁らしい制裁も受けずにイケシャアシャアと存在しているということ自体が、私には不思議でならない。

それは、
朝日新聞社」の真の姿を国民がほとんど知らないということなのだろうか?

それとも、
時代は優しくなっていて、人々はそれくらいの事では次第に怒らなくなっているという事なのだろうか?

あるいは、
人々は怒りのために昔より犠牲を払わなくなってきているということなのだろうか?

でも、そんなに腹が立たないのか?

我が国には「国賊」という言葉もあるし、「売国奴」という言い方もあるのに、

国益」ということに関してそれ程までに国民は「無関心」で、
「別に構わない。」ということなのだろうか?

ごく普通に考えて、どうして日本人は国を挙げて、
この新聞社を潰してしまうことが出来ないのだろうかと、不思議でならない。

実際に社屋の前まで行って、ハンドマイクを持って怒りが収まるまで、
「従軍慰安婦の捏造の事」、「靖国神社参拝を問題化した事」、「南京大虐殺捏造の事」、
「徴用工を問題化した事」、「サンゴ礁を引っ掻いた事」、、、。

連日、気が済むまで声を枯らして抗議し続けて怒る人間が、
今は一人もいないというのは何故なのだろうか。

あくまでも悪意で、やる気でやってる事がはっきりしてるにも関わらず、
どうしてこの国は、正面切って潰す事ができないのだろうか、と思うのだ。

普通なら、
日本各地で大掛かりな抗議デモが頻発し、
他のメディア(新聞、雑誌、TV、ネットetc)もその事を盛んに報道して、
一大国民運動にまでならなければ変ではないか。

私の言ってることは、どこかおかしいだろうか。

それは「毎日新聞」や「東京新聞」でも、
琉球新報」や「沖縄タイムス」、「北海道新聞」なども同じことだ。

国内には悪名高い嘘新聞社が幾つも有ると言われているではないか。

素直に、素朴に、当たり前に考えて、
今の現状はやっぱりおかしくないか。

社屋を十重二十重に取り囲んで、
「すぐに会社を畳め!」、「売国社長は会社を去れ、交代しろ!」、「編集者と記者は土下座して日本国民に謝罪しろ!」と。

その様子が連日TVニュースで大々的に流され、
国会でも問題にされ、謝罪を重ねてもデモが止まず、

購読層や売り上げが激減し、退職者が激増し、
広告主がどんどん居なくなり、数週間余りで倒産する、ということに何故ならないのかが、
私には本当に不思議でならないのだ。

これだけ日本の為にならない報道機関だということがはっきりしているのに、
発行部数が落ちたとはいえ、いまだに数百万部を維持しながら生き延びている。

そんな朝日新聞を私達は廃刊に追い込み、
くだらない記事を書いていた記者達の名前を公表し、

二度と文筆に関わる仕事につけないように社会的に制裁を科し、
それ以外の職種に就かせるようにするべきであると思うのだ。



こんな疑問は、他の分野にもある。

TV業界も似ている。

いつまでもくだらない番組ばかり流し、
この国にとって大事なニュースを深掘りするわけでもなく、

必要な情報はほとんど流さず、真に重要なことは論ぜず、能天気な気分を煽るばかりで、

いつだってグルメとお笑いとおふざけとCMで時間を潰し、
楽天的な雰囲気と馬鹿騒ぎとアイドルと朝鮮ネタばかり流してお花畑感を醸し出し、

報道機関としてのプライドも矜持もなくただダラダラと一日千秋に、
貴重な電波を浪費し続けるていたらく。

監督官庁の政治的な規制も働かず、
報道内容についての第三者機関の目も無く、

意図的な「切り取り」や「印象操作」、「捏造」・「誤報」だと、
素人にも分かる程でも「停波」させる事も出来ず、

そうした報道姿勢が我が国の国民の為にほとんど役に立たず、
日本人の教養とか賢さに寄与することなくいたずらに白痴化を促進するばかりで、

もはや「全ての人間の自由な発想、主義・主張は尊重されなければならない。」という次元の話ではなくなっているではないか。

私が言いたいのは、
はっきり売国的・反日的だと分かっている者達を、
 どうしていつまでも野放しにしていて潰せないのか。
」ということなのだ。

おかしいことは他にもたくさんある。

・「共産党」が戦後のどさくさにGHQのゴリ押しで政党要件を得ただけの暴力・売国集団に過ぎず、
世界的に見ても政党を構成させてるなんて異常な状況がいつまでも是正されない事。

・朝鮮人の不法入国者の国外退去処分や在日朝鮮人の利権のはく奪、
朝鮮総連の資産凍結の実施もされない事。

あるいは、
・中国人が日本の土地を異常に購入し続けてる件について、
ほとんど報道されずに大きな問題とならず関心を呼ばないように隠されてる事。

なぜ解決策がはっきりとわかっていながら、
明らかに我が国のためにならない事態だと知れ渡っているのに、

法律的にも、政治的にも、手順的にも、
何もしないし、出来ない状態が続いているのかが理解できないのだ。

排除、購読者減少、顧客の喪失、倒産、法律による政党要件停止、解党などといった、
当たり前の措置がいつまでも取られないことに苛立つし、不思議なのだ。

発行禁止措置、放送禁止、停波措置などが実現できないのはなぜなのか。

「言論の自由」を阻害するという意味などではない。

そんな話をしているのではない。

当たり前のことが、当たり前に行われず、
正しいと分かっていることが正しく行われないということに、

我々はズルズルと馴らされてしまっているのではないか。

もっと真剣に、本気で、もっと大声で心から怒らなければいけないと素朴に思うのだ。

そういう怒りのエネルギーも、
国を良くしようとする力であると思うからなのだ。

人々は優しくなったのか、すっかり馴らされてしまったのか、
自分の国を本気で大切にしようとはしなくなってしまったのか。

何か大事なものを失ってるような、諦めて捨ててしまったような、
真に大切なことから目をそらされて大人しくなったような、情けない感じがしてしょうがないのだ。

自分の感情というものをもっと大切にしなければ、
頼りになる人間など、ほんの一握りしかいない。」ということが、
もう嫌というほど分かったのだから、

これからは我々自身がしっかりと怒りを怒りとして、
はっきりと表現していかなければいけないと、今、強く思うようになったのだった。



正月早々、雑用が重なってしまい、
更新が大変遅くなりました。<(_ _)>

言いたい事は、まだまだたくさんあります。

これからも、精力的に更新を続けていこうと思っていますので、
次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>

下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

拡散希望!
 今、インターネット署名サイト、Change.orgで「マイメロママの名言バレンタイングッズを助けたい!」というキャンペーンが行われています。皆さん是非ともご署名ください!

https://www.change.org/p/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%82%AA-%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%AD%E3%83%9E%E3%83%9E%E3%81%AE%E5%90%8D%E8%A8%80%E3%83%90%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%83%E3%82%BA%E3%82%92%E5%8A%A9%E3%81%91%E3%81%9F%E3%81%84?cs_tk=AugQTIARtXt5BNW3-WEAAXicyyvNyQEABF8BvLE-_ag9sfS1QW4Ml1lsSvU%3D&utm_campaign=c981928aa0ce45ca93070e5859f37e53&utm_content=initial_v0_3_0&utm_medium=email&utm_source=petition_signer_receipt&utm_term=cs

 YouTubeの関連動画のコメント欄に↑↑↑を書き込みしたら消されました!文章をソフトにしても消された!文章を短くしても消されました。
 日本は先進国の中でポリコレファシズムに汚染されていない数少ない国だ、GAFAの一員としてYouTube(Google)はそれが気に食わないのだろう。何としても日本をポリコレファシズムに跪かせたい。もしかしたらGoogleがサンリオに圧力かけてマイメログッズを発禁に追い込んだのかも知れない。

  • 投稿者: 今、インターネット署名サイト、Change.orgで「マイメロママの名言バレンタイングッズを助けたい!」というキャンペーンが行われています。
  • 2022/01/29(土) 23:31:00
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する