152.共産党の「本体」はどこにある?

  • 2021/09/21(火) 14:30:00

我々はともすると、
共産党の本体は、政党としての「共産党執行部」のことだとすっかり思い込んでしまうけれど、
篠原(常一郎)氏や水島(聡)氏のお話をよ~く伺っていると、
 
政党として活動している共産党本部は、
あくまでも表向きの顔・看板でしかなく、

本体部分は、社会のあらゆる分野、領域、業種、業界に、
それと気づかれずに既に広く密かに入り込む作戦を決行していて、

静かにその組織内で勢力を少しずつ掌握し、
社会一般が気づかない内にそうした多くの分野での主導権を確実に握ってしまうことを意図して活動しているというのだ。

それを称して「浸透工作」とおっしゃっている。

静かに勢力を拡大・強化しながら、少しずつ社会の実質的な状況・流れを変化させていく作戦に既に入っているというのだ。

そういえば確かに、
何かをする時に共産党党本部・執行部連中であったら目立ちすぎて、
活動がしずらい事この上ないだろう。
 
公安の監視団体でもあるのだから、
その間の通信、指示命令系統、その内容、資金の流れ、全てが監視されてるとすれば、
正面切って活動する姿を公安だけでなく、社会的に見透かされるわけにはいかないのが道理である。

そうやって落ち着いて考えてみると、私も何人か思い当たる奴らがいることに気がつくのだ。

職場でも、やけに積極体な奴が時々いるもので、

どういう価値観からかはわからないのだか、
人が面倒に感じる厄介事をやけに軽く快く引き受け、あるいは肩代わりし、
さわやかに笑ってみせる奴。

生き生きとして面倒な役に率先して立候補したり、
犠牲的にせっせと活動に精出す奴や常に積極的な姿勢の奴。

そんな奴はめんどくさがりが多いこの社会では、
いつの間にか頼りにされ、祭り上げられ、前へ押し出され、代表になり、
いつしか中心的存在になり、推進役に抜擢されやすくなるものなのだ。

たいして思想的な深さを感じさせる訳でもなく、
何を意図してるのかが不思議とわかぬままに、

何か面倒な役が回ってくると、犠牲的な精神で手を挙げ、
立候補し、積極的に働いてくれる奴がいる。

おそらくそういう奴らの中に隠れた共産党員がいるのだろうなぁ、と思うのだ。

人の苦労や敬遠したい気分を肩代わりして、積極的に請け負って、
さわやかに頼りにされ、祭り上げられるように自分の立場をうま~く持っていく奴。

そこで、特に何か取り立てて主張をするという訳でもなく、
そ知らぬ顔をして機会を狙っている共産党員が潜んでいるのだろう。

簡単には尻尾を出さない。

けして簡単には本心を明かさないだろう。

しかし、
存在がバレない限りにおいて反対票を投じ、対立を煽り、分断を広げ、影で小細工し、
気づかれないように、ひっそりと、賢く、何の兆候も見せずにさり気なく活動を広げていくのだ。

だから、
こちらも賢くならなければいけない。

疑っていることを気づかれてもいけないし、
密かにこちらが監視・観察していることに気づかれてもいけない。

あくまでも「彼らが目指している社会状況が危険。」であることを忘れずに、
自分でも組織を、体制を、システムを守るために努力も犠牲も必要となるだろう。

いかにも共産党だという看板を額に張り付けた奴だけが工作員ではないのだ。

さわやかな笑顔で、優しくて、常に皆の為に犠牲的精神を発揮し、
熱心に尽くし、懸命に働いてくれる奴の誰も知らぬ内心に、

実は、舌を出してる共産党員とシンパがそこここに潜んでいる。

怖い話ではあるが、何もなければそれはそれで問題とはならないが、

ただ、全てを100%信じ切って、100%任せ切って過ごしている間に、嘲笑われ、出し抜かれ、
最早、抵抗できない状態にまでなってから、やっと気づいたとしてももう遅いのである。

考え過ぎだ。」とあなたはお思いでしょうか。

それも分かりますが、頭の片隅にこうした思いもそっと置いておくことは、
決して無駄にはならないと思いますので、念のために。

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する