121.命の覚悟を持った仲間が欲しい

  • 2021/03/26(金) 15:50:00

僕達には、

いや僕には、

自分の命を賭けて、

自分の一生を全て賭して、

「国を守る」という事に専念しようと決意する気持ちが、
どういうものか理解できるだろうか。

自分の仕事を「国を守る事」にする感覚を僕は理解ができるのだろうか。

それは、
「どれほどこの日本という国を大切に思っているか」という、
愛国心の強さそのものだろうか。

昔、僕が進学について考える年頃になった時期に、
自衛官や、防衛大学校や、自衛隊という発想は全くなかった。

この国を守る仕事を、
自分の一生の仕事として尽くそうという発想はついぞ浮かばなかった。

そういう選択肢を斟酌した記憶はどこを探しても無いのだ。

それは小・中学生の頃、
はなから「この国が危ない」とか「国は守るものだ」という発想が、
そもそも皆無だったからだろう。

国が、一つの単位としてさえ本気で見えていなかった。

「日本」は当たり前に「大丈夫」な郷土そのもので、
大きなしっかりとした国家であり、

揺るぎない強固な山河であった。

その事に少しも不安がなかったし、
安心しきってただ真面目に自分は勉学に勤しみ成長していけば良かった。

当たり前に高校へ行き、普通に大学へ行き、
将来は、何か安定した仕事に就いて生きていくのだろう、と。

そんな漠然とした展望くらいしか浮かばなかったし、考えてなかった。

大人は誰もそれ以上の想いを僕に要求することはなかったし、
それだけで何も不都合なことはなかった。

それはやはり、
教育が完全に骨抜きにされてしまっていたからなのだろう。

私の父は戦争の時代も過ごした人だったが、
その頃の話はあまり話したことがなかった。

国を守るという事について、
私達子供達に詳しく話して聞かせることはなかった。

それが何故だったのかはわからないし、
今はもうその時の気持ちを知るよしもないが、

戦後の、
暮らしが少しずつ楽に、のびのびと、豊かに、
明るくなっていく社会に身を置きながら、

私達子供達に対して、
「兵隊」になる事について語る気にはなかなかならなかったのかも知れない。

私達子供達は、
ただ自分の将来について自由に考え、希望し、

自分の努力に応じて開けることが約束された未来だけを、
ただそれだけを考えていれば良かった。



そして今、
隣国たる朝鮮半島の民族のタチの悪さに、
日本人が長年に渡って何度も煮湯を飲まされてきた事が知れ渡り、

戦争に向かう時期に大陸の中国人の汚いやり方に、
日本人がどれほど苦難を強いられたかも伝わるようになって、

二度に渡る原子爆弾の投下も、実はひどい戦争犯罪でしかなく、         
東京裁判が理不尽で、戦後レジームの縛りもけして正当でないと、

多くの国民がやっと実感することができるような時代になった。

でも気づくと、早75年を過ぎるその間に、

息の根を止められることなく生きのびた共産党勢力が、
好き放題に汚い根を社会に張りめぐらしてしまっていて、

戦後の空虚な反戦教育に毒された大量の半端者達はマスゴミに吹き溜まってしまい、

中国人や朝鮮人と連動して動く売国奴と反日勢力もすっかり調子づいていて、
国民の多くがいよいよ嫌気がさして我慢がならないところにまで来てしまっていた。

だからこそ、
僕もやっと偽りの平和に気づきはじめ、
「国を守る」ということの意味の重大さが見えはじめたのだった。

「国家」というものの独立と、危うさと、防衛の重大さが緊迫の度を増すことで、
「戦後教育」の空虚さも次第に明らかになってきた。

でも僕はもう、勇壮な戦士としては役に立たない。

自分なりに家族のために最後まで戦う覚悟はあるものの、
悲しいけれど、到底、国土を守る役には立たないだろう。

では、誰がこの国を必死になって守ってくれるのだ。

バイデンとかいうボケ老人の頭がはっきりしている時に、
アメリカの若者達の命を借りて守るつもりなのか。

そんなわけにはいくわけもない。

私達の国は、日本人の若者達の力を頼りにしなければ、
到底守りきれるものではない。

そんな折にも性懲りも無く、
「国防」を国民に毛嫌いするように仕向ける共産党や公明党、野党やマスゴミは、
  
自衛隊の予算をあくまでも1%に封じ込め、
目を皿のようにしてその執行状態を見張り続ける。

左翼という知的に幼稚な連中は「自由」の意味を勘違いして暴走し、
「国防」をすっかり身動きできなくさせてしまっている。

今、その75年の呪縛と自己暗示を解き払い、
正面切って「自分の国は、自分の命で守る。」と、
宣言する時が来たことに全国民が気づかなければならないのだろうと思う。

「軍隊を持つと、それは自動的に戦争を始める。」などと馬鹿な事を言ったのは誰なのだ。

おりしも3月21日は、防衛大学校の卒業式で、
約500名の若い自衛官が誕生したという。

その事を心から祝福するとともに、
その力強さに全国民をあげて感謝したいと思う。

我が国の自衛隊員は約25万人、予備自衛官を含めても30万人弱と言われるが、
いまだにその募集に関しては障害も多く、どの地方自治体も極めて非協力的だという。

隊員を募集するために必要な中・高校生の卒業者名簿は、
何故か気持ち良く渡してもらえず、

関連するイベントは公共施設やショッピングモールからも閉め出され気味で、
会場貸しを渋られることも多いという。

制服のままで電車に乗るとなぜかすぐに部隊へ抗議電話が入るというし、

自衛隊の車両は抗議が殺到したために、
“はたらくじどうしゃ”の絵本にも載せてもらえない。

宿舎のトイレットペーパーが足りなくて、
隊員達持ち寄りでしのいでいたという話はあまりに有名で恥ずかしい。

そんな風に至るところで共産党の息のかかった人間を中心として、
全員が総がかりで自衛隊を貶め、冷遇し、気力を削ぎにかかる。

「国防の熱意」の邪魔をし続けてるのだ。

日本学術会議も、長年、防衛大卒業生の国立大大学院への進学を排斥し、
国内の研究機関から「国防」に関わりそうな研究を監視して排除し続けてきたと言われる。

それにつけても、
共産党」という売国奴連中をまともに相手して、
世界でも稀な政党を維持させている日本という国は、

どれほど正常な政治意識、国防意識、歴史の教訓から遠く引き離され、
狂わされてきた国であるかの証のようである。

アジアの片隅に位置するこの世界一歴史ある、豊かで、輝かしい小国は、

すぐにでも必要十分な額を国防費に振り向け、
自国を守る国民の意識を確実なものに組み上げ、

ならず者や人さらい、たかるだけの無法者といった近隣民族が忍び寄って来るのを、
断固としてはねつける力を一日も早く身につける必要があると思うのだった。


では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング
スポンサーサイト



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する