126.問題は、そこじゃない気がする

  • 2021/04/30(金) 15:25:00

4月25日の地方選挙で、自民党が3連敗したと言われてる。

北海道、長野、広島の三つの選挙で、
どれも立民の息がかかった松本と、羽田と、宮口が勝ったからだ。

そのため、
自民にとっては「危機」なんだとさ。

でも、その選挙の実態を見たら、
僕には他の事がもっと気がかりになるんだ。


松本謙公 【北海道二区衆院】有権者数45、9958人  
 投票率30.46%(→非投票者数 31、9855人)             
 投票者数14、0103人  
 候補の得票数5、9664人(43、7%)
           
羽田 次郎  【長野参院】有権者数173、2060人
 投票率44.40%(→非投票者数96、3026人) 
 投票者数 76、9034人 
 候補の得票数41、5781人(54.8%)

宮口 治子  【広島参院】有権者数232、7323人 
 投票率33、61%(→非投票者数154、5110人) 
 投票者数 78、2213人
 候補の得票数37、0860人(54.8%)

つまり、
松本謙公は、約46万人いる有権者の内、
14万人しか投票に行かず、たった約6万人の得票で当選し、

羽田次郎は、約173万人いる有権者の内、
77万人しか投票に行かず、たった約41万人の得票で当選したし、

宮口 治子は、約230万人いる有権者の内、
80万人しか投票に行かず、たった約37万人の得票で当選してしまっているのだ。


いまどき、自民党にお灸を据えたいと考えて、
立憲民主党へ投票するという人間がいること自体信じられないけれど、

元々の投票率自体が、30%、44%、33%というのがひどすぎて、
どれほど自分達の社会の政治を蔑(ないがし)ろにしていて平気なんだって思うのさ。 

この現象は【北海道二区】・【長野】・【広島】に限ったことじゃないだろうから、
余計に絶望的な気分になるんだけど、

立憲民主党は、今じゃ立憲共産党とまで呼ばれるほど共産党と融合してしまっていて、
そのクズさ加減を増してるっていうのに、

そこに投票するっていう「どんだけ情弱な人間がいるのか!」って思うのさ。

若者は、面倒くさくって、遊んでいたくて、関心ないから投票へは行かない。

家族持ちは、他にやりたいことがあって、「どうせ政治なんて変わらないさ。」とか嘘吹いて行かない。

ジジ・ババは逆に、地方TVのワイドショーに煽られて、
どうせ暇だから非自民にせっせと投票するために律儀に出かけて行く。

特段「野党が力を伸ばした。」わけでもなく、「自民が危機的な状況。」なわけでもない。

ただ、若者がだらしなくて、多くの大人もだらしなくて、
年寄り達が情弱のままほったらかしになってるからに過ぎないんだ。

これが日本国中の状態だというなら、
政治はこれからも、お先真っ暗だなぁ、って思うのさ。

若い連中が、テキトウに遊び惚けてばかりいるのを黙って見てないで。

「ろくな政治家がいない。」と訳知り顔で嘆きながらしっかりと義務を果たして主張しない、
だらしない大人達のケツを蹴り上げて投票に行かせないと。

身の回りに驚くほどゴロゴロいる情弱ジジ・ババを一人でも多く早く覚醒させないと。

取返しのつかない国にどんどんなっていく気がするんだけどさぁ、
もう遅いんだろうかぁ?( ̄(エ) ̄;)

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

スポンサーサイト



125.埋め込まれた「アレルギー」

  • 2021/04/28(水) 13:55:00

私達が、
過去の「戦争」というものを考えようとした時、

いつも、そこには古色蒼然としたフィルターのようなものがかかっているのを感じるのだ。

それは「白黒写真がセピア色にまで染まってしまうほど時間が経った昔の事」で、

何か古臭く」、「悲惨で」、「ひどく悲しくて」、「間違いだらけで」。

日本中が訳の分からない状態だった頃の話で」、
辛い思い出」で、「もう終わったこと」で、「誰かが勝手にやったこと」で、

いまさら掘り返す必要のない」、「すでに終わったこと」で、

今の自分には、ほとんど関りがない」、
関係無い時代の出来事である」かのようにどうしても感じてしまうのだった。

考えたところで、そこから得るものもあまり無い」気もして、

つい「今更、何の目的で振り返る必要があるのか?」と自動的に自問してしまい、

そそくさとその場から立ち去ったところで何の良心の呵責も特に感じず、

いつも別の、もっと明るい、もっと楽しい事を考えた方が良いような、
その方が普通で、当たり前の感覚であるという気分に追い立てられるように、

それ以上、考えるのをやめてしまう自分が常にいるのだった。

だから、
自然とそこからそれ以上何も学ぼうとせず、
知ろうとせずともそれでもいいと思いつつ、

反対の「未来」や「希望」や「可能性」や「自由」といった、
どうしてもより明るい事について考えようとする気になって、

なおさら「戦争」について考える気分を片隅に追いやって棚に上げてしまい、
いつも(戦争についての)無知をそのまま置き去りにすることになるのだった。

なぜ、そんなことになってしまったのだろうか?

いつから、そんなふうになってしまったのだろう?

それじゃあ、まるでアレルギーみたいじゃないか。

そうやって「戦争の記憶」は、長く置き去りにされたままにされたため、
もう固く、冷たく、乾いてかたまってしまった粘土のように動かずただそこにあるばかりで、

私達の方から丁寧に話しかけなければ、何も自らを語ってはくれない遺物となってしまった。

時間が経ちすぎてしまって、「記憶」自身が生々しく、自由に、のびのびと、
あるがままに戦争を詳しく語れた時代はとうに終わってしまったのだ。

爺さんも、親父も、母さんも、
戦争の事など話そうとはしなかった。

すっかり疲れていたからか、嫌気がさしていたからか、
忘れたかったからなのか、私達子供の気分を大切にしたいという優しさからであったのか、

戦争中の苦労も、日本人が頑張ったことも、
外国の冷淡な振る舞いも、悲惨で苦しかった思い出も、

ほとんど何も語らずに黙って行ってしまった。

その世代から既に戦争の記憶の隠蔽が始まっていたんだ。

日本国民自身が自国の過去を憎み、後悔し、嫌悪し、忌み嫌うように、

戦争についての記憶を国民の気持ちとは全く違う色に、
まるで塗り絵の彩色を勝手な色に変えるみたいに、

語れないように、考えたくならないように、目を背けるように、
憎しみを煽るように、後悔しか残らないように、、、。

ラジオで、TVで、新聞で、雑誌で、教育で、、、。
繰り返しラジオで、TVで、新聞で、雑誌で、教育で、、、。

さらに繰り返しラジオで、TVで、新聞で、雑誌で、教育で、、、。
何度も何度でもラジオで、TVで、新聞で、雑誌で、教育で、、、。

何が本当で、何が嘘か分からない事を、ラジオで、TVで、新聞で、雑誌で、教育で、、、。
いつまでも終わる気配なくラジオで、TVで、新聞で、雑誌で、教育で、、、。

終いには、
日本人自身が作り出した嘘までラジオで、TVで、新聞で、雑誌で、教育で、流し続けた。

そしてそれは今も、すっかり方向性が決まってしまっていて、
ラジオで、TVで、新聞で、雑誌で、教育で、作られた記憶の二度塗り、三度塗りが続いている。

洗脳」という言葉は、
スパイや新興宗教に対してだけ使う言葉ではなかった。

一国の国民全員に対して世代を越えて行う「洗脳」というものもあったのだ。

それが、
WGIP(ウオー・ギルト・インフォメーション・プログラム)の真の姿である。

全てはそこから始まった。

終戦時の国民の数、約7200万人に対して一斉に、徹底して始まった、
一国家、丸ごとの洗脳攻撃の結果が、

76年経った今も、
共産党にかぶれる馬鹿な半端者をいまだに次々とほじくり出して国会へ送り、
メディアにたむろして偽記事を駆使して遊ぶジャーナリスト達を甘やかし、

平和とか友愛、反戦とか非核、さらには、非差別とかLGBTとか、
次から次と流行りの屁理屈に浮かれる中二の厄介者をたくさん湧かしては、

そうした新興宗教の信者に囲まれたパーティー気分で「新聞」は発行され、
記者会見ではスクラム組んでしつこく政府に無駄に噛みつき続ける。

TVのワイドショーを目隠しに使って、
この国をまるで赤子のように無防備で、無抵抗で、
自由にしゃべれないように押さえつけ、

好き放題に食い散らかし、イビリ倒し、いたぶって、蹴散らかして暴れ回り、
ドヤ顔で的外れな事しか言えない不勉強な屑野党をいつまでも守り続けてしまっているのだ。

WGIPは、
日本」という国家が、世界ではじめて犠牲者となったのだろうが、
それは「人類史上、最も罪深く、狡猾で、許しがたい戦争犯罪」であって、

一つの国の国民丸ごと、何代にも渡って過去を振り返って考えようとする思いを失わせる。」、
恐ろしく非人道的な効果を秘めた卑劣な攻撃と言えるものだったのだ。

私達は、もう一度、その攻撃がはじまった時点までしっかりと舞い戻って、
アレルギーの源を完全に取り除かなければならないのである。

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

124.不気味な予感、根拠なき確信

  • 2021/04/22(木) 15:30:00

この頃、
私がひたひたと感じている恐怖は、

その根拠を示せと言われたとしても、
明確な証明がなかなか難しい事柄なのだが、、、。

中国という国が、
発展途上国とみなされていた時期に世界が考えたのは、

中国の経済が大きく発展し、他の近代国家のありようを、
政治家ばかりでなく、多くの国民がじっくりと概観できるようになったら、
おそらく民主的な国家というものの良さに気づき、

 それが最も人々の営みの理にかなっていて、
最大多数が幸せになるための方法として最も有効なのだということに、
いずれは気づけるようになるだろう。
」という期待だったのではないか。

だから、ある国は経済的に援助を続け、
ある国は技術援助を盛んに続け、
人道援助と呼ばれる数多くの支援を各国はできる限り続けてきたのだと思う。

しかし、近年になって、
そうした思惑、期待、読みが実は、「甘かったのではないか」、「間違っていたのではないか」と、
世界は次第に気づき始め、後悔し始めているように感じるのだ。

経済が少しづつ安定して発展しはじめたのにもかかわらず、
「友好」を掲げながら世界中から技術を盗み、情報を盗み、支配権を買い取り、
同情を買いながら一方で、他地域を制圧し、他民族を抑圧し、他文化の同化を強行しはじめる。

その上で、
いつまでも発展途上国の仮面を手放さずに、
世界を欺きながら権力機構を固めて軍事力だけは静かに蓄え続ける。

その根底にある驚くほど前近代的で野蛮な強欲さと、したたかな悪どさ。

いつまで待っても一向に表れてこない誠実さとか順法精神とか協調性。

当たり前の近代国家らしい振舞いをいつまで経っても覚えずに、
国家として進歩・発展するにつれて出現するのは、
全く逆の前時代的な抑圧や強権、搾取や殺戮といった悪しき民族性ばかり。  

反省や後悔、謝罪や賠償の気配など全く見せることもなく、
余計にわがまま・勝手になり、狡猾・愚劣になり、

開き直って強気で無礼になり、
無謀・無秩序な邪悪さの持ち主に変身するばかりなのだ。

そして、
終いには次々と所かまわず隣国に噛みつきはじめる。

そんな様子を見ていて感じる不気味な予感

今更、誰も根拠を示せとは言わないかもしれないが、
私にはかなりの現実感がある。

はっきり言おう。
漢(民)族は、民主的という感覚を理解する遺伝子を持たない人種・民族であるから、
 元々、自由・平等・人権を尊重する近代国家というものを建設する能力を持ち合わせていない。
」と。

その意味は、現在の中国の無謀な振る舞いの原因は、
単なる”田舎者の強欲“とは本質的に違うもので、

「遺伝子的に、野蛮で、粗悪な、劣勢遺伝子の質からくる問題で、
修正は到底、不可能なのではないのか。」という意味である。

つまり、今後何年、何十年経っても、
現在の国を牛耳ってる共産党という組織が駆逐され滅びたとしても、

民衆そのものの大多数が元々、
近代的な多くの人類と共生し発展していくには適さない種族で、
いつまでも現在と似たようなことを繰り返していくに違いないと感じるのだ。

これは早計過ぎる、民族性に対する誤解だと言われるかも知れない。

しかし、
これまでこの民族が見せてきた悪質な、自浄能力の無さを思うにつけ、
どうしても人種的な人材不足・能力不足・資質不足を疑わざるを得ないのだ。

今後、漢(民)族の経済がどれほど発展・充実しようと、
文化・文明が外見上、どれほど豊かになろうと、

命がけで政府の転覆を試みる民衆の奮起のエネルギーは基本的に弱く、乏しく、

人々の素朴な思いや願い、希望や意志を反映させて、
人権を尊重し、文化を発展させて守りながら国を作っていくという、

人類基本の理念を実現することはいつまでも出来ず、
近代的な国家を建設することから逆に次第に遠ざかっていくばかりではないかと予感させるのだ。

そのため、
多くの国々との価値観の平行線はいつまでも終わることなく、
その延長線上に最終的な決着をつける戦いが待ち受けているのを感じさせるばかりで、

おそらく、今後、どこかで必ず、
そうした前時代的で非人道的な民族である漢(民)族と、
近代的な進化を目指している多くの国家との間で、

相互に淘汰をかけた戦端が開かれずにおれないような気がする。

それが局地戦になるのか、第三次大戦となるかは分からないが、
いずれはどちらかの完全な殲滅をかけた激烈な戦いになる気がするのだ。

これは、今は単なる私の予想に過ぎないつもりでいるが、

もしかすると、この闘いはもう既に、
静かに始まっていると言えるのかも知れないとも思うのだった。

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

123.まだ、やれることはたくさんある-【1】

  • 2021/04/19(月) 13:20:00

まだ僕にも出来ることは残ってる。

闘う覚悟や悔しさがある間は、
まだ闘うことはできるし、多少の力にはなるハズなんだ。

だから、
出来ることを数えてみよう。

そして、今からでも、
出来ることから片っ端からはじめよう。

1-「正しい歴史(第二次世界大戦)を学ぶ。

太平洋戦争について僕はほとんど何も知らないと言っていい。

「大東亜戦争」と、「太平洋戦争」と、「第二次世界大戦」の違いも、
分かってるとは言えない。

習ったのかも知れないが、学生時代は特に関心も無かったし、
単なる歴史の暗記カードの項目でしかなかった。

日本がどうして戦争を戦わざるを得なかったのか、その原因を正確には知らない。

そして、
日本軍が、どこでどれほどの人間が闘ったのかも知らない。

戦争のそもそもの原因から、経過から、
その結果として日本が受けた被害の全体像まで、

戦争前後のことについては、ほとんど何も正確には知らないと言っていい状態なのだ。

そんな状態では、
戦後の国家としての変化の実態も分からないし、何を失ったのかも分かる訳もない。

そして、
これからどこへ向かえばいいのかも適切に想像すらできないのが現状なのだ。

その時、世界情勢がどのように動き、
そのため日本の置かれた状況がどのように変化し、

その結果、
どういうメカニズム・流れで日本が戦争に突入せざるを得なかったのか、
そもそもの戦争の始まりの状況についてどうしても詳しく知る必要がある。

そして、その戦争を通して、
どれほどの人間がどこでどのように闘い、戦況がどう変化して、
終戦へと向かっていったのか。

その全体像がある程度明確にならなければ、
戦前の日本と戦後の日本の変化の実際が見えてこないし、

どのように修正・補正・改善していくべきなのかを正しく論ずることも、
まともに出来はしないのだ。

2-「WGIP(War Guilt Information Program)の詳細な理解。
 
戦後の日本と日本人のあるべき姿をある意味「規定」したと思われるWGIPについて詳しく知り、
その効果がどのように影響して現在に及んでいるかを詳細に注意深く理解する必要がある。

私達が「当たり前だ」、「当然だ」、とすっかり信じ込み、思い込んでる事のどこに、
偽の刷り込みがあり、誤解と錯覚があり、意図的な暗示や喪失があるのか。

勝手な思い込みや納得が存在しているのかについて、正しく気づかなければならない。

そうしないと、
それらの前提の上に生まれてきた世代には、
日本民族としての潜在的違和感を感じる術が全く存在しないのだ。

3-「朝鮮人と中国人が日本に蔓延る原因を知る。

隣国人だからといってこれほど日本という国家の運営に関して、
好き勝手に足を引っ張る連中・存在が、

自由気ままに国内に蔓延している悪しき状態の原因が、
どこにあるのかを正しく詳細に知る必要がある。

今回は、まず第一弾として、
この三つの項目についてこれから学んでいくことを御伝えしておきます。

調べた結果で、重要な事実はこのブログで詳しく発表していきます。

いろいろと学ぶ間、若干、更新が遅れることもあるかと思いますが、
事情をご理解の上、気長にお付き合いいただきますようにお願いいたします。

そして、
少しずつ今まで受けた教育や、今まで語られてきたニュアンスを振り返り、
社会が勝手に納得してきた当たり前の感覚を修正・補正して、

間違った知識、誤解していた思い込み、勘違いだった自己暗示、
錯覚に過ぎない嘘に基づいた虚構に気づくように努めて、

それらの認識や意識のねじれを、ここで逐一告発していこうと考えています。

それらの誤解を意図的に招いた首謀者が誰で、
その策略の意図がどこにあったのか。

そして、
そのことで日本が失ってしまったものとは何なのかを、
これからどうやってそれらを取り戻していくのかを、

出来るだけわかりやすここで論じていきたいと考えています。

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

122.幸せ過ぎて日本をダメにしてしまった世代の自覚

  • 2021/04/08(木) 19:55:00

僕が物心ついた時にはもう、
四人の若者は歌い始めてくれてたし、

角ばっていた車はどれも、次第に角が取れてスマートで機敏になり、
着る物や食べる物もどんどん豊富になり、洗練され、上質になっていった。

成長を見守るかのように生活の要素のほとんど全てが次々と快適になり、
世界標準を突き抜けるほどに便利になっていった。

終戦後の暗く、悲惨な時代の気分から抜け出すために、
大人達はきっと必死で働き、必死で夢を探し、我を忘れて努力してくれたのだろう。

そのため暮らしが次第に豊かになり、世の中が眩しい程に明るくなり、
心配が次々と消えて、不安が次々に解消されていった。

我慢することから目をそらし、押し付けや無理強いを止めることにして、
みんなで仲良く、楽しく愉快に、 

出来るだけのんびりと、出来るだけ贅沢に、
能天気に暮らすことに、誰も彼もが賛成し、拍車をかけたのだ。

今思えば、
「とりあえず難しいことは置いておこう。」
「厄介な問題は、ひとまず棚に上げておこう。」

「面倒な事は、後から考えることにして、
 今はとりあえず楽しく過ごすことにしよう。」としてるかのようだったと言えるかも知れない。

GHQに押し付けられた憲法を無気力に守り続け、
連中の中に潜んでいた共産主義者の手先にまんまと出し抜かれて、

必要以上に政治形態を崩され、
社会機構を崩され、

国家の基本となる教育や躾の伝承を禁じられ、
皇族や家族の在り方を傷つけられ、

民族の誇りと伝統を汚されながら、
もっぱら明るい明日を求めて続けて、

気楽な生活ばかりを追い求めて、
早76年もの時間が過ぎてしまった。

その間に、この国で楽しく暮らし、
過ごした世代はいったい何世代あったことだろう。

戦争についての丁寧な総括などはほとんどされず、
もとの日本がどんな国であったかを今や詳細に顧みることも難しくなって、

中国大陸と朝鮮半島で本当は何があったのかを国民にほとんど知らせないままに、
大人達は次々と年老い、子供達はどんどん成長してしまった。

国家としての本当の意味の戦後処理は遅々として進まず、
共産党という糞どもが大手を振って至るところに蔓延るにまかせ、

政治や、経済や、防衛といった国の大切な議論を絶えず突き崩し、妨害し、まぜっかえし、
国の形を保たせないための罠へのイタチごっこにいつまでも追い込まれ続けている。

教育は抜け殻にされたままに捨て置かれて手をつけられず、
暗記と操作という心が通わぬ記憶力と頭の回転だけを競い合わすばかりで、
歴史と伝統という大切な民族精神の涵養には目を向けさせず、

勝ち抜くだけで何かをなし得たと勘違いさせる事で、
地位や俸給が自分の名誉で存在理由だとすっかり思い込まされてしまっている。

気づけばTVはどこも不法滞在と密入国朝鮮人の家庭の団欒に居るようで、
それらの子や孫やひ孫達にすっかり溢れ占領されていて、

朝鮮人が司会し、朝鮮人がコメントし、朝鮮人が歌い踊るばかりで、
CMさえすっかり朝鮮女が笑いかける程になってしまってる始末なのだ。

中国人も日本を蝕む事では負けじと、
国中にはびこって商売を広げ、土地を買い漁り、

いつの間にかメディアを左右する程の力をつけて、
主だった言論界をかく乱し続ける存在になってしまっている。

私達のほとんどはそんな社会の歪みと損傷と腐敗と崩壊に気づかずに、
長い間、邦楽と洋楽の美しいメロディーに酔いしれ、

アメリカとヨーロッパのファッションに憧れ、
和食と中華、飽食と三つ星に舌鼓を打ってばかりいるから、

自分達が本来いるべき場所を、
どんな場所にしなければならなかったのかをすっかり忘れてしまっていた。

今や、
何という国名を付けたら良いのかまるでわからないような景色の国になり果てていて、

そんな本来の責任ある世代であったにも関わらず自覚せず、
一切、その責任を果たさないままで僕は死ぬわけにはいかない思いで一杯なのだ。

幸せ過ぎて、楽しくて、
日本という国が次第に壊れていくことにも気づかず、

何度もチャンスがあったのに本気で政治に関わろうともせず、
本質的な歴史をほとんど学ぼうともせず、

無為に、自堕落に、無責任に、青春時代を過ごしてしまった。

この国が少しずつ歪み、崩れ、変質していくのに目を向けず、
共産党とも全く戦わず、タチの悪い朝鮮人や中国人を押し戻すことにも参加せず、

国家が変質・変形していく損傷の拡大を押しとどめようとする力にはほとんどならなかった。

だから今頃になって、
僕は歴史を懸命に学び直している始末なのだ。

だから今頃、
皇室や戸籍や家族の在り方について学んでいるところなのだ。

まだ間に合う僕にも出来る事を懸命に探して、
何がしかの責任を少しでも果たしてからでないと、

僕を育ててくれたこの国にたいした恩返しもせぬままに、
決して死ぬわけにはいかないと強く決意をしている。

それがこの「日本の覚醒」を書き綴る試みの意味であって、

僕のこの悔しさや無念さ、悔悟の思いが、
広く広く、強く強く伝わることを毎日心から願っているのである。


では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング