101.そうだ、事務所へ行って聞いてみよう!!

  • 2021/01/29(金) 15:25:00

政治家には、
地盤・看板・カバン」という三つのバンが必要だという言葉があるという。

地盤」とは、政治家・予定候補者が定着して活動していて一定の支持者を持つ地区。
より具体的には選挙区内の支持者の組織(後援会)を指すらしい。

看板」とは、看板のように市中に知られている(目立つ)ということの喩え。
あるいは、誰もが知っている有名人などといった知名度が高いと選挙の時に始めから有利となる。

そして、
カバン」とは、活動資金と言う名の「札束」の入ったカバンということらしい。
(※選挙は公営にもかかわらず、資金が要るとされる主な理由は、高額な供託金(国政選挙では100万円単位)の他、
 選挙期間前に行われる事実上の選挙対策(政治活動・地盤培養行為扱い)に必要な事務所経費(賃料・人件費・通信費)、
 交通費や後援会活動費(機関紙・部内資料・ウェブサイト・ポスター・街宣車など)などがある。)

この頃は、地盤を大事にして支持を確保するドブ板選挙というような、
丁寧な町内への挨拶回りや地区の人々との意思疎通を図る地道な活動を続ける議員や政治家が少なくなったと言われる。

逆に言えば、
私達も自分の住んでる地区や町内の代議士や議員が誰なのかよく知らないのだ。

あなたは、自分がひいきにしている政党の代議士はどこに居て、
なんていう人なのかを知っているだろうか?

あるいは、
地域の名士といわれる人がいったい何党に所属していて、
どういう人柄で、どういった政策に熱心に取り組んでいる方なのかを知っているだろうか?

そして、
その人の政党事務所や活動拠点が町内や地区のどこら辺にあるのか知ってるだろうか?

つまり、
実際の政治の現場に接点を持っている方々の事を私達は普段から知らな過ぎると思うのだ。

相手だって忙しいのかどうか知らないが、
選挙の時くらいしか、町内や地区の集まりに挨拶なんかにはめったに来ないことだろう。

もし、あなたが本気で我が国の政治に関心があり、いろいろな不安を感じているのだとすれば、

実際にどんな風に政治の現場が動いているのかについて、
そういった地域の代議士や政治家の居る事務所や政党の拠点へこっちから訪ねていって、
ゆっくりと話を聞いてくればいいと思うのだ。

例えば、
どうして「その政党」に所属しているのか? 
どうして政治家を志したのか?
今、何について取り組んでおられるのか?

あるいは、
その方が、「ウイグル」・「モンゴル」・「チベット」についてどんな風に考えているのか?
「中国(共産党)」の横暴についてどういう感想を持っておられるのか?
尖閣諸島や北方領土、沖縄の基地建設について、どういったスタンスでいるのか?

さらには、
「原子力発電」についてどんな風に考えているか?
「核のゴミ処理」についての考え方はどうなのか?
福島の処理水の問題については、どのようにしたら良いと考えているのか?
 
そういったことを、あなたは是非とも知らなければならないと思うのだ。

ただ気をつけてほしのは、相手もれっきとした大人であるから、
あくまでも話を聞かせていただく。」というスタンスで臨むことが大切だろうと思う。

あなたの考えを一方的に主張・強制したり、
「こんなことも知らないのか!」などと食ってかかるためにいくわけではない。

あくまでも政治家としての現場の様子を伺いにいくわけで、説教や指導の為に行くわけではないのだ。

あなたがたとえ何歳であろうと関係なく、地域住民の生の声を聴いてもらって、
何かに少しでも役立ててもらおう位に考えていた方が良いと思う。

それだけでもあなたにもきっと得るものがあるはずで、
一人で行くのに勇気がいるなら、友人と一緒に行くといいだろう。

一度とは言わず、時間を作って社会勉強だと思って事務所とやらへ出かけていって、
じっくりと政治の現場の話を聞いてきてみることを勧めたい。

その結果、
自分も政治家になってみようかな。」なんて考えることになるかも知れないし、
あなた自身の問題意識・やる気が本物なのかどうか。」という試金石となるかも知れない。

とにかく、何か少しでも動きださなければ、
いつまで経っても、何も変わらないのだと思うのだ。

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

スポンサーサイト



100.「第二次日中戦争」ってもう始まってんでしょ!知らんけど?( ̄(エ) ̄;)

  • 2021/01/28(木) 15:25:00

戦争」というものに対するイメージは、
人それぞれだと思うけれど、

爆撃機が襲来して爆弾を落とすとか、
戦闘機同士が空中戦をするとか。

銃を持った兵士が大挙して上陸してくるとか、
戦艦がやって来て艦砲射撃するとか、戦車が大地を走り回るとか。

そんな武力と武力のガチンコ対決だけが「戦争」の姿ではない。

早い話が、
コンピュータ回線を利用して相手国の国民の世論動向や敵対心、緊張感、警戒心を操作して緩めるとか、
偽サイトや極秘回線への侵入によって重要情報を盗んだり、経済システムの体系を攪乱して巨額の詐取を働くとか。

あるいは、
国防に関する機密情報や兵器の技術情報、精密機械の企業秘密や契約情報・人事情報を盗み出したり電子機器の撹乱を引き起こすとか。

一つも火花は飛ばず、生命の危険もほとんど感じさせない熾烈な「戦闘」や「攻撃」いうものは、
もう既に多くの局面で、静かに、激しく、もう何十年も続いてきていて、現在もさらに進行中なのだ。

政治家や企業家、研究者や技術者達に金を握らせたり、楽に儲けさせたり、
ハニートラップを仕掛けて、警戒心を解き、油断させ、
相手の国内へも大手を振って進出して、要衝となりうる土地を買い漁り、水源地を買い占める。

あるいは、
年間何十キロもの麻薬覚醒剤危険ドラックといった薬物を、
大量に相手国内へ流入させ続けるのも、

単に薬物中毒者を増やして儲けようって目的だけだと思ったら大間違いなのだ。
(※警視庁:薬物に関するデータ
  
国内に重症の薬物中毒者が増えることが、
相手国にとってどれ程、御しやすく有利に働くかはちょっと考えればすぐに分かることだ。

銃や大砲、火薬なんかを使わなくても、
情報を操作し、世論を誘導し、
金や女(男?)をつかませ、薬をつかませ、

政治家から企業家から放送局から新聞から根こそぎ抱き込んで、
相手国の国民の多くがお花畑ですっかり浮かれている間に、

現代の日中戦争は気づいた時にはもう結果が出ていて、
既に終わっちまってるってことになるらしいよ、シランケド。(ToT)/~~~

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

99.「左翼」という名の個性や性格

  • 2021/01/26(火) 20:45:00

これは単に私の受けた印象に過ぎないのですが、

「左翼」とか「リベラル」、あるいは「共産」といった立場気分でものをいう人々のことを、

私達はついつい相手の言う内容を思想がらみのように受け止めて相手してしまうのですが、

彼らはけして「思想」を基に話してるわけではなくて、
単に彼らの「性格」や個性に合ったく「好み」の考え方で勝手に思想と思い込んで、

彼ら自身「自分が思想を基に話してる思い込んで」話してるに過ぎないのだと、
常々私は感じてきた。

何故そんなことを考えたかというと、

結局のところ、
彼らから受ける人柄のイメージがいつもどこかしら皆ひどく似通っていて、
誰も彼も似たようなパターンの人間に分けられるように感じるからなのだ。

例えば、
発言する時の「強引さ」、ムキになった「高圧的・威圧的態度」や、
「喧嘩腰」、「上から目線」といったい議論する姿勢の「人間的幼稚さ」、「乱暴さ」。

あるいは、
「嘘」、「捏造」、「フェイク」を弄してでも結論や議論に勝つためには手段を選ばないという、
ある種「身勝手な理屈」、「卑劣さ」、「開き直り」に常に依拠してるという共通点があるように感じるからなのだ。

どんなことについても「生半可な知識・理解」のままでわかったつもりになって飛びつき喋るから、
当然、すぐに相手に論破され、議論・論理が破綻するのだけれど、

それでも負けたくないからすぐに負け惜しみモードに突入し、
「屁理屈」、「嘘」、「論理の飛躍・すり替え」、「思い付き」などとなんでも使って、

その場をなんとか切り抜けようとする性格上の「往生際の悪さ」と「性格的稚拙さ」を、
いつも強く感じさせられてしまうからなのだ。

誰の主張を聞いても、議論の様子を見ても、いつもその繰り返しでしかない。

相手の話をしっかりと聞きこむ慎重さと丁寧さ、懐の深さ。
状況を細部まで調べてから発言しようとする、とことん追求するち密さと誠実さ。

あるいは、
一方的にまくしたてない穏やかさと、「議論の勝ち」だけにこだわらず、急がない精神的余裕。
どんな点を取っても、右派・保守派の人種の性格的優位性は明らかなように思えるのだ。

従って僕は、
「左翼」と呼ばれる連中と本気で時間を無駄にして議論をするつもりはない。

彼らは最初から、相手側の言うことの本質を聞く気もないし、
そのために必要な理解力も落ち着いて聞くという性格的な能力・適正もないのだ。

だから、
私は、単に出来るだけわかりやすく自分の考えを静かに述べ、
相手が認めようと、理解できなかろうと議論などせず、

いきり立って反論する相手をただただ冷静に眺めて観察することにしている。

そんな連中と議論するなどというのは、
時間の無駄が決定的で、無意味な損失でしかないのだ。

人生は短いのだから、そんなバカにいちいち構ってられない。

だから、
そんなバカは黙って相手にせずにそこに置き去りにして、
どんどん先へ進むことを考えることにしているのである。

この考えが私の単なる「思い込み」や「偏見」、「根拠のない憶測」、
あるいは「誹謗・中傷」・「ゴタク」の類だと思うならそれでもいい。

私は別に、
話し合って和解する事自体に意味が無いとか言ってるわけでも、
分断と対立をことさらに煽ってるわけでもない。

単に、錯覚を錯覚だと、無駄なことを無駄だと言っているに過ぎない。

これだけ言えば分かる人には十分に分かると思うのだが、

もし信じられないなら、
そうした左派的主張をしている人々と一度、
何についてでもいいから議論をしてみるといい。

そうすれば必ず、
私の言ったことをすぐに思い出していただけるに違いない。

彼らは最初から、
人の話を「素直に聞く耳」なんか全く持ち合わせていない個性なだけなのだ。

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

98.「日本精神」の戦後復興

  • 2021/01/25(月) 21:00:00

先日、TVを見ていたら、
戦後復興」についての話が流れていた。

確か、NHKだったと思うけど内容はよく覚えていない。

どうせ、たいしてろくなこともやらないだろうからと、
まともに聞きもせずにいたから、内容なんか覚えていない。

ただ、
その時すぐに心に浮かんだある「思い」があった。

TVが触れていたのは、戦後の経済の復興や社会インフラの整備。

あるいは、
国家体制の再建が進み、ほとんどの復旧活動が完了したということについてだったと思う。

でも僕の脳裏を横切ったのは、
日本国民の精神の復興」についてだった。

つまり、
日本人としての誇りや、国民としての精神の支柱となるものが、
現在の日本に、本当の意味で復興したと言えるのか、ということだった。

国家として自信を持って独自の進歩発展を遂げていく時、
その国民の心の中心にドッカリと芯柱のように位置する国民共通の価値観。

「民族意識」のようなものがしっかりとあってはじめて、
日本国民の精神も「戦後復興」が果たせたと言えるのじゃないだろうかと思ったんだ。

いまだに「軍隊」という言葉は使えずに、
自衛隊」などといった柔な名前でしか彼らを呼ぶことしかできず、

領海の中までバカ中国人が調子に乗って出たり入ったりを繰り返してるというのに、
「注視」しながら「憂慮」や「遺憾」ばかりしているだけで、

相手に向かってキッパリと厳重抗議をしようとすらできず、
世界に向かって大声で文句を言い散らかすことさえもしようとしない。

ただ、大人しくバカ隣国共の顔色を伺って小声でブツブツいってるばかりで、
だらしがないこと、この上ないと嘆くことしかできない日本人。

戦うことだけが国家精神の発露だとは言わないが、
経済が復興し、文化が引き継がれ息を吹き返し、
社会がすっかり安定して近代化されて洗練されてきたと言っても、

国民の心が寄って立つ柱となるべき、
雄々しく、堅牢で、強固な、将来へと続く「日本精神」とも言うべき、

日本民族独特の精神性・価値観・豊かさともいうべき支柱を取り戻した復興が、
本当の意味で出来たのだろうかと考えてしまうのだ。

それは真の歴史観の問題であり、真っ当な教育の問題であり、家族の在り方の問題であるだろう。

そうすると、
何故か胸が締め付けられるほどに、
戦後からほとんど何も変わっていないように感じて、

日本人の敗戦ショック状態からの復帰がいまだに遅れていて、
アメリカを見たり、ソ連を見たり、中国・朝鮮をキョロキョロと見て悩むばかりで、

我が国らしい潔さと、賢さと、毅然とした雄々しさの感じられる、
国政と国民の力強さがほとんど感じられず、

心寂しく、途方に暮れる思いが募るのばかりで、
いつしか自然と深い溜息が出てしまうのだった。

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

97.重箱の隅は、もう汚れてても良いよ

  • 2021/01/24(日) 13:30:00

野党の無能さ、愚劣さ、人間的なタチの悪さをいつまで云々してても、
もはや意味も無いし、価値も無いし、時間も無駄なんだ。

あいつらの事は、もう放っとこうよ。

野党の連中がクソばっかりで、使えるところがほとんど無くて、
我々が論じてなんとかなるようなタマでないことは、

最早、嫌というほど分かった事なのだから、

そんな分かりきった事にいまさらかかずらわって、
時間と思考の浪費をするのは止めようと思うんだ。

それよりも実質的なメリットのある事。

例えば、
マスゴミ(新聞・TV)によって毎日繰り返されてる嘘や印象操作を引っぺがし、
少しでもより多くのジジ・ババ達に真実が伝わるような方法を工夫してみるとか。

「全国ネット」という貴重な放送機材や施設・設備の資源を無駄に使って、
CMの本数を極限まで増やして稼ごうとして、
視聴者の興味を引く「食べ物」とか「芸人イジリ」とか、
「カラオケ」だの「クイズ」だの「散歩」といったくだらない内容ばかりを流し、

あるいは、
「政権攻撃」とか「ウイルス不安」といった偏向と社会不安とを煽る内容を繰り返し流す、

そういった民放番組のくだらなさ、国に貢献せずに不安ばかりを煽る社会的価値の低さを、
世間のジジ・ババ達にしっかり印象付ける方法を考えるとか。

話を一歩前に進めるために脳みそを使うようにしようと思うんだ。

だから、
国会という重箱の隅にこびりついた野党議員(立憲・共産)という、
滓やカビやほこりのような汚れた存在の話は、しばらくは放っておこうと思うんだ。



まず、新聞業界についての攻撃としては、

・ネットに出ている「誤報」についての暴露記事や、真実を語る信頼できる評論家の動画など。
あるいは、新聞社自体の報道姿勢(隠ぺい・印象操作・報道しない体質)についての、
過去からの罪状実績についてのネット記事を直接ジジ・ババにしつこく見せるしかないと思うんだ。
(※ネット記事と動画が、唯一、一番効く情弱への治療薬です。自明の理か?( ̄(エ) ̄;))

TV業界への攻撃はなかなか難しい。

Netflixとかhuluとかyoutubeとかwowwowとかを連続で見続けていると、
民放がいかにCMだらけで、CM漬けで、CMばっかり映ってるかが際立って感じてくるようになる。
(※こういう環境を整えるためには、新型TVと光回線が必要になるけど。( ̄(エ) ̄;))

そして、
「随分、CMが多いネ!」という言葉が洩れてくるようになったら、その時こそ第一段階、突破の合図!

すかさず「CM見せたいから、興味を引く、くだらない番組ばっか作ってるんだよ。」と言い、
重ねて「放送局ってものすごい高給取りだって言うし、視聴者の事なんかほとんど考えてないんだよ。」と畳みかける。(※放送事業者は、約1000万円以上。年収ガイド

そしてさらに普段から、
「バカ食い番組」や「芸人イジリ番組」、
「ぶらつき歩き番組」・「バスの旅番組」や「素人参加の番組」、
「カラオケ」だの「クイズ」だの「グルメ」だのと言った、
全国ネットでわざわざ流すような内容でないクソ番組が流れてきたら、

即座に、
「くだらない!」・「もっと大切な事があるはずだよ!」・「こんなもの見ても意味が無い!」と断罪し、
憤慨反応をし続ける必要があると思うんだ。



アイツら(放送事業者)はバカだから、
全国ネットという貴重な手段・環境の活用方法について、
十分に意味ある利用の方法を思いつけないし、知らないし、その開発能力も無いんだ。

要するに「宝の持ち腐れ」と言うやつさ。

自分達の持っている貴重で有効な手段の、
社会的価値も十分な意義も活用の仕方も全然わからない連中なのさ。

だから単に、
金儲けのためにできるだけ視聴率を稼いでCM単価を上げることしか考えつかないから、
CMの本数をたくさん流すためにくだらない番組作りを繰り返すことになるだけなのさ。



ジジ・ババに出来るだけ覚醒してもらおうというのは、
一見、嫌な言い方に聞こえるかも知れないけれど、
  
小池都知事なんかが余裕で当選するのも、
野党のクソどもが大手振ってバカ面をドヤ顔にしてられるのも、

情弱なジジ・ババがそうさせてると考えると、 
まずはそこから変えていかなければいけないということに気づくのさ。

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

96.あくまでも「法と秩序」に基づいて行動する人

  • 2021/01/21(木) 19:35:00

驚くほどあっさりと、
トランプさんはホワイトハウスを去り、
バイデン爺いが大統領に就任したようですね。

私達が期待し、多くの事情通が待ち望んだような、
痛快でドラマチックな展開とは全然なりませんでした。

でも、
その間のトランプさんの動きをよくよく考えてみると、
胸の中は煮え繰り返っていたでしょうけれど、

あくまでも冷静に、法的な手続きを重んじて、淡々と出来る事やれる事を模索し、
強引な行動にはけして出ないようにしていたように思います。

トラブルや暴力による犠牲者をけして出さないように。

そして、
不法な事や不正、脅しや暴力のような乱暴な手段を自らに禁じて、
極めて真っ当な、冷静で落ち着いた態度を貫いて物事を進めていたように思います。

その姿勢は私達俗人が出来るほど簡単ではなく、
極めて強い決意と信念に基づいた、感情を抑える彼の強さを表しているのだと思います。

私達は、そこからは「忍耐強さ」というものの大切さが学べるほどです。

文字通りアメリカ国民の半数以上が敬愛し、信頼し、応援している存在ですので、
トランプさんの未来は今でもなお明るく輝いています。

簡単に諦めるというよりは「大切な自分の使命」に気づいて、
(目の前の大統領の地位という)結果をいたずらに急ぐのではなく、

これからの人生を徹底してそうした仕事に最後まで尽くしていくんだという、
並々ならぬ秘めた決意の大きさのようなものさえ感じます。

僕はこれからもトランプさんの応援団でいたいと思います。

暗殺などというアメリカ社会の悪しき病理に見舞われる事なく長く力強く活躍して、
世界の最先端を力強く突き進むアメリカという国家の輝きを通して、

この惑星の多くの国々の正しい進歩・発展に、
力を分け与え続ける存在なって欲しいと思います。

まずはひと時、
ゆっくりと休んでいただきたいと思います。

トランプさん、お疲れ様でした。
本当に、ありがとうございました。

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

95.今は、生きた政治の姿を学ぶ良い機会なのかも知れない

  • 2021/01/20(水) 15:25:00

一日一日と、米国大統領就任式の日程が近づいてきています。  

何が起こるんでしょうか?

何も起こらないのでしょうか?

急激な変化・変革でケリがつかないとすれば、
長期間、アメリカ国内が落ち着かない日々が続くのでしょうか?

トランプさんは、覇権争いを繰り広げる中国の調子づいた侵略の触手を、
至るところで出来るだけきつく叩き、

中国が怖気づいて多少大人しくしている間に時間を稼いで、
米国内のならず者達の清掃・浄化を落ち着いてしっかりとやる。」というつもりなのでしょうか?

今ほど、
「大統領」とか、「指導者」とか、
「政治家」とかいう存在の価値と影響力の大きさを感じる日々はありません。

「国家」とか「社会」とか「国民」というものが、
どういう風に反応し、どういう風に振り回され、どういう風にないがしろにされていくかが、
現在進行形でひしひしと感じられるような毎日です。

アメリカの議員の事は良くわかりませんが、
日本の野党の議員の姿は多少はわかります。

生半可で、テキトウで、ろくにまともな仕事が出来ない連中。

屁理屈を言い、批判ばかりを繰り返し、
日本の為に何をするのが良いのかなんて考えもしない連中。

肩書だけは「政治家」と付いているけれど、
一人につき年間1億円もかかるただのバカ達。

日本の為に時間を惜しんで、人生をかけて、
日夜悩み、苦しみ、工夫してくれているのなら、
税金をいくら使ってもらっても良いだろう。

しかし、
如何にクズで、役に立たない、国会周りに溜まった澱やカビのような存在であるかに、いまさらながら嫌悪感しか感じません。

それもこれも、全ては「国民が愚か」だからで、
能天気で、お花畑にのんびりと暮らしているからです。

多くが政治を真剣に考えていません。

自分の毎日の生活に目を奪われ、
目の前の、手近で些細なことにばかりに心を奪われてしまっていて、

真っ当な国家。真っ当な社会。
真っ当な政治の姿を追い求める緊張感がもう何十年も失われてしまっています。

一人でも二人でもいいからたまにお花畑から少し連れ出してあげたり、
一本でも二本でも新聞契約を納得の上で解約を勧めたり。

あるいは、
ネットの政治解説のブログや動画をPCやiPadなんかで時々見せてあげましょうよ。

それも私達の責任の範疇であると思うのです。



現在、これは僕の全くの予想でしかないのですが、

「大統領就任式を終えた瞬間にバイデンの犯した犯罪が確定的となり、
 そのことでやっとトランプさんが本格的に連中の拘束に動き出せるようになる。」
というシナリオで動いているんじゃないか、って感じています。

アメリカの法律には詳しくないですが法律上の規定によって、
罪が決定的にならなければ処罰出来ないという事情があるんじゃないか、
なんて思って期待しているのです。

違うかなぁ?!(^_^;)

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

94.ゴー!ゴー! トランプ!!ガンバレーッ、トランプ!!ヽ( ̄(エ) ̄)ノ~~~

  • 2021/01/19(火) 10:25:00

1月20日(日本時間で21日)前後には、
アメリカ大統領選挙の結果に関して何かが起こると言われています。

私は今、
YOUTUBEの篠原常一郎氏のレポートを待ちわび、
張陽チャンネルの話や大紀元ニュースのレポートをしっかりと聞き、
及川幸久氏の解説を心待ちにしながら毎日を送っています。

聴けば聞くほど、
オバマという男がいかに糞野郎だったか、
ヒラリーという女がどれほどクソ女であっるかが伝わって来て、

情報に疎いということがどれほど恐ろしいことなのかを、
ヒシヒシと思い知らされているところです。

また、
iPadで篠原氏の放送を待ち望み、
毎日、耳をすまして必死に聞き入る自分の姿に、

まるで第二次世界大戦中のヨーロッパで、
人々が戦況の情報を少しでも知りたいと、

雑音に交じって聞こえてくるラジオ放送に、
必死で耳を澄まして貪るように聞き入っていたであろう姿を想起させられて、

緊迫感と恐怖感と時代の変化を感じています。

ラジオがiPadへとメディアが進化して変わっただけで、
「いつの時代にも、住民は真実の情報を求めて必死になるものなんだ。」なんて、
変な感傷にひたってしまいます。

そして、昨日、ハタと気づいたのですが、
安倍首相が体調を崩して8月末に退任しましたが、

よくよく考えてみると、
トランプさんが現在のような大きなトラブルに巻き込まれてしまってる状況で、
世界で一番の信頼関係を築いてると見られている指導者として安倍首相が、
現在もし在任中だったら、

トランプさんとの距離感にどういう立ち位置を取ればいいのかが、
おそらく大変難しいものになっていただろうと思うわけです。

その意味では、安倍首相の総理退任は、
時期的に奇跡的とも言える程、絶妙のタイミングで有利に作用したのではないかと思ったりするのです。 

安倍首相にはすぐにでも帰ってきてほしいのですが、
米国のゴタゴタがある程度落ち着いてからの方が、

トランプさんにとっても動きやすいのではないかなんて思ったりします。

どうでしょう?

トランプさんには思う存分やりたいようにやっていただいて米国の状況が落ち着て、
ある程度の方向性が見えてきてから安倍総理には再度もどってきていただく方が、

お互いにとって余計な事に煩わされずに一番動きやすくて良いのではないかと、
僕は思うのですが身勝手すぎるでしょうか?( ̄(エ) ̄;)ノ~~~

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

93.NHKに対するアプローチ

  • 2021/01/18(月) 12:45:00

今、直近で一番腹が立つのが、NHKの放送局としての位置づけと視聴料の問題。

この頃は、NHKなんて本当に見たくない(嫌悪感)し、
全く信用できないので全然見る気にならない。

「反日(=売国)的な内容をシレッと混ぜ込んで番組を創る。」とよく言われるし、

実際に、現在、話題になっているのは『軍艦島についてのウソ編集番組「実感ドドド」』のことだ。

これについては、ネットに関連記事や動画がたくさん出ているので、
各自で時間があったらご覧になってください。

かなりの噴飯ものです。

それに関連して、
昭和30年に放送された番組「緑なき島」・「科学ドキュメント 風化する軍艦島」の二編にも、
重大な捏造疑惑が持たれています。
NHKの重大疑惑
<>

その他にも、
東京軍事裁判」(2012/12/12~15放送)での番組構成でも、
東京裁判史観の一方的な押し付けがひどいと話題になっていたりする。
東京裁判史観の押し付け

まあ、
番組の内容についての不満なら嫌なら見なければ良いわけで、
私達、視聴者サイドでどうにでもなる訳なのですが、

現在の視聴料というのはTVを買ったらNHKを見ていなくても、
自動的に持っているだけで集金されるという形になっています。

その点がまず問題ですし、
その料金が適正額であるのか、という点でもさらに問題です。

七千億ともいわれる資産を有している組織として、
いったい「国民から強制的に集金出来る程の事をやってくれてるのか?」
という疑問に答えられていないと考えるのです。

NHKへの抗議窓口は確かにありますが、 
どういう切り口で抗議すべきなのかは、
しっかりと自分なりの考えをまとめた上でアプローチする必要があります。

私も自分の考えをすっきりとまとめるようにしていきますが、

NHKについては、
お互いにどこをどのように責めたらいいのかをじっくりと考えていきましょう。

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>

下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

92.今出来る、最善の事

  • 2021/01/17(日) 17:25:00

その場合、
我が国の文化や伝統の担い手である職種・業種の方々までもが、
抗議の為に一斉に立ち上がるという訳にはなかなかいかない訳です。

例えば、例えばですよ。
”西陣織り”の職人さんや”京染め”を仕事にしておられる方々。
”信楽焼き”や”志野焼”の陶芸家の皆さまとか。

あるいは、
”鎌倉彫り”や”漆工芸”の伝統を追求し維持しておられる方々や、
歌舞伎や文楽の演者さん、神主さんや住職を務めておられる方々。

建築業や土木事業で現に働いていてくださってる方々やレストラン・食堂にお勤めの方々。
輸送・配送分野で作業についてられる方々や農業・漁業で働いてられる方々など、

我が国が国家として滞りなく維持・管理・運営していく上でどうしても必要な部門で働いておられる、
多くの要の方々さえもが全員で立ち上がるという訳にはいかないのが現実です。

ですから、
この日本の置かれた現状に気づいた上で、
そのことに心底怒りを覚え、憤慨し、黙っていられず、そういう状況と少しでも闘うために、

奮起して活動しようとする程に”戦闘モードのDNAが熱い人々”に、
時間と余裕がある時に手軽るに立ち上がっていただけるようにすればいいのだろうと思う訳です。

少なくとも私自身は、自分がそういう類の人間だと自認しています。

このまま黙って見ないふりをして生きていくことは到底できません。

ですから、私と同じように戦闘モードのDNAが熱い方々に、
ブログの記事を読んで自分も何かアクションを起こしたいと感じていただいたら、
その手段を提供するブログであることに価値があるのではないかという結論に達しました。

そのため、
そういう人々に知らせるべき・広げるべき情報を懸命に私が収集して、
賛同を得て出来るだけ活発に活動していただけるように努めます。

CM企業やTV業界、マスゴミ・メディアや各省庁相手に、
電話とメールと意見募集(パブリック・コメント)に正面から真剣に、
そして、根気良く対応していただけるように、
※あくまでも自己責任ですから、十分に注意して取り組んでくださいね。<(_ _)>)

その抗議対象と抗議先窓口の紹介をこのブログで展開していこうと考えました。

そして更に、
より効果的な抗議方法があれば、その紹介もブログに記していこうと思っています。

批判と愚痴だけの為のブログとしてではなく、
行動するために役に立つ情報提供のブログにしていきたいと思うわけです。

情報の提供の仕方は、
下記のような形になります。


▶︎問合せ・抗議・意見集約相手の窓口紹介コーナー
 🔶📞電話で相手と直に話す📞🔶(~受付期間など)
 ・
 ・
 🔶📧メールで訴える取組み📫🔶(~受付期間など)
 ・
 ・
 🔶🙋‍♂️意見を書き込む形式✍️🔶(~受付期間など)
 ・
 ・

まだまだヨチヨチ歩きで、抗議相手の検索はこれからですが、好御期待と言ったところです。

では、本日はここまでとします。

次回も、よろしくお願いいたします。<(_ _)>

下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング