79.「大人の対応」って何よ!

  • 2020/11/27(金) 21:00:00

茂木(外相)が無様な対応をしたことについて国会で弁解し、
外務省はいつものように「大人の対応だった。」と言い訳した。
(※外務省幹部は「言い合いになって相手の土俵に乗ってもしょうがないので大人の対応をした」と説明。)

加藤(官房長官)はかばうつもりなのか、
みっともなくてそうとしか言えないからか、

後出しで「発言後に受入れられない旨、中国側に申入れがなされてる。」というのは、
事実なのか本当のところは全く分からない。

だが、
今回のことは絶対に許せない。

いや、
許せないというよりは、
許されない事だと思うのだ。

外務省のいつもの意味のわからない言い草、
「大人の対応」という表現に込められたポンコツ感覚の信じられないほどの愚かさ。

王毅はこう言ったんだ。
「事実として日本漁船が魚釣島の水域に入った。これに対してやむを得ず必要な対応を取らなければならない。我々の立場は明確だ。我々は自国の主権を守って行く。」

漁に出たくても恐ろしくて出かけて行けない漁民はどんな気持ちでそれを聞いただろう。

中国海警局の機関砲のようなものを装備した船に、
しつこく追いかけ回された漁船の船員はどんな気分でそれを聞いただろう。

僕は、正直言って、
「言いたい事を言ったら、現在中国にいる日本人に何が起こるか保証できないぞ!」なんて、
陰で脅かされていたのかと思ったくらいだ。

もし、外務大臣としての見識があったら、外交のセンス・素養があったら、
誠実で真正な骨のある人間だったら、日本男児としてのプライドと矜持がある男だったら、

けして黙って聞いてはいられなかっただろうと思う。

会見の手順があったとしても、そんなことは関係がない。

その場の雰囲気を壊そうと、
中国との関係にヒビが入ろうと、

言わなきゃならないことは、言うべき時を自分で決断して言わなきゃならないだろ。

外務大臣で、
世界に見られていて、

今日本が一番中国に対して言わなきゃならない事なのに、

ニヤニヤ笑いながら黙って聞いてるなんて、
許されないどころの話ではない。

「中国と繋がってる。」とか、「親中派だから。」とか、
「二階の手下だから。」とかいろいろ言われているけれど、

僕が言いたいのはそんなレベルの話ではない。

外務大臣のくせに、
目の前で他国の人間があからさまに日本と日本人を馬鹿にしまくった事を言ってるのに、

何のためにニヤニヤしながら聞いてられるのか。
黙って我慢をしていられるのか。

それはもう「人として」信用も、信頼も、頼もしくも、
好きにも全くなれない人物だというしかないのだ。

それが「大人」って事か?

それは全くの考え違いだ。

いつも外務省は「丸くおさめる」事が外交上の成功だと思い込んでて、
そんな風に波風立てずに交渉や会談・会見を終わらせようとする、
ひどく幼稚な考えからいつまでも抜け出すことができない。

その勘違いを誤魔化す表現が、
何か良さげな「大人の対応」という言い方なんだ。

全然、大人なことじゃないし、
根性無しのヘタレだし、

そこには、政治的判断も、政治家としての覚悟も、
国家的・国益的判断も無いだけなんだ。

茂木は、やっぱりダメだよ。

政治家として、
僕は二度と期待することはないだろう。

このまま茂木をほっとくわけにはいかないだろうな。

国民に対して自民も全く言い訳ができない。

更迭か、選挙後の交代か、
いずれにしても謹慎と再教育が必要な人物だろうと僕は思う。

では次回、またよろしくお願いします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

スポンサーサイト



78.新種のピタゴラスイッチ

  • 2020/11/26(木) 13:25:00

何故か急に「桜を見る会」についての話題が再登場し、
出どこはどこかと思ったら「東京地検特捜部」ということらしい。

つまりは、「リーク」というやつだ。

じゃあ、何故いまどきそんな情報をリークするのかというと、
そこにはしっかりとした筋書きと流れが計画されてるらしい。

昔ならば、「風が吹けば、桶屋が儲かる」なんて言ったかも知れないけど、
今ならさしずめ「新種のピタゴラスイッチ」と言ったところだろう。

始まり◀ 
東京地検が、大手マスコミに「桜を見る会」の捜査情報をリークする。

大手新聞が「桜を見る会」で安倍前首相の側に不正があったらしい、と騒ぐ。

野党が「安倍前首相を国会へ証人喚問で呼びつけろ。」と騒ぐ。

自民党は当然、安倍前首相の国会招致を拒否する。

野党「安倍前首相を呼ばないなら、審議を拒否するぞ。」と脅す。

自民党は、公明・維新と憲法改正に必要な憲法審査会の「国民投票法改正案」を審議したいと野党へ交渉する。

野党は、「安倍を呼ばないなら、国民投票法の審議を拒否する。」と言って欠席し、
審議会が開けなくて、憲法改正の話し合いは一歩も進まなくなる。
↓                           
時間切れで、国民投票の
審議はお蔵入りとなる              
(話し合いは、全く進まず年を越す。)      
 ( `ー´)ノ

あるいは、                      

自民、衆議院を解散し、総選挙をして
野党を蹴散らすと脅す。  

野党、ビビッて憲法審査会へ渋々出てくる。

国民投票法の審議が進む。


これ以外の展開ももしかしたら有るのかも知れないけど、
第三次安倍首相待望論を封じ込める意図があると言う人もいる。)

これって新種のピタゴラスイッチなんじゃないかと僕は思うんだ。

どんな流れになるのかは分からないけれど、
東京地検特捜部の内部にも憲法改正をさせたくない勢力がいて、

自民党の内部にも安倍さん人気を出来るだけ抑え込んで、
菅さんを今以上に持ちあげたいという勢力もいるらしい。

マスメディアと組んで(利用して)政局を左右し、
憲法の審議を進めさせないためにも情報をリークしたと思うんだ。

そんな風にして、
国民の投票する権利と議員歳費という税金が無駄に費やされて、
何も話が進まず時間ばかりが無くなっていく。

そして、
日本の防衛を真剣に考えるチャンスがどんどんと後ろへ後伸ばしになっていく。

中国が厚かましく日本近海にしつこく押し掛けてきてると言うのに、
開き直って勝手なことほざいてる王毅外相の主張に対して、

外務大臣の茂木はニヤニヤしてただ聞いてるばかりで全然役に立たないし、、、。

ほんと、頭にくる。ヽ( ̄(エ) ̄;)ノ

では次回、またよろしくお願いします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

77.他に誰がいるのさ

  • 2020/11/25(水) 18:25:00

河野洋平が従軍慰安婦についてろくに知りもせず、
よく考えもせずに謝る必要も無い談話を発表して詫びたが故に、

韓国の賠償請求団体に補償をせびる口実をさらに与えてしまったことは記憶に新しい。

そんな風に親父はしっかりとモノを考えない馬鹿確定の男だったが、
息子の河野太郎は外交姿勢や発言を聞いていると、

歯切れが良くて、多少使える人間のように思っていた。

しかし、皇室の継承に関して親父と同じように、
その意味合いを完全には理解してないのにもかかわらず、

軽々に女系容認とも取れるような表現で喋っちゃう考えの軽さを露呈してしまってから、
国の内外から彼の将来に期待する思いが一気に萎んでしまった。


文科大臣になった萩生田光一も、
一時期は虎ノ門ニュースに出たりして、
まともな考え方をする正直でなかなか誠実な男であるのかと思っていたのだけれど、

歴史教科書などの一連の教科書検定に関わる問題で、
検定内容の不適切さや検査官に対する疑惑について、

木で鼻をくくったような回答で誠実に取り組む姿勢が全く見えなかったことで、
僕の中ではすっかり彼に期待する気持ちが無くなってしまった。


そして、今回は外務大臣の茂木敏充

2001年3月5日付けの発言ではあるけれど、外務副大臣だった当時に曰く、

『21世紀の日本を「多様性のある多民族社会」に変えるということです。
有能な人材が世界から日本に集まり、ここで世界に向けてサクセスストーリーが
生まれるという国家を目指すべきです。』

『このための具体的な政策課題として、
(1)英語を第2公用語にする。
(2)定住外国人に地方参政権を与える。
(3)インターネットの接続料はじめ知的生産活動の基本コストを諸外国並みにする。
(4)日本の制度やシステムの中で国際基準と合致しないものを一括して見直す。
の4点を提案したいと思います。』、

と言ったというのだけれど、
特に、赤で表示した部分は完全な間違いだと僕は思う。

参政権を外国人に与える」なんて、完全に国を明け渡すことでしかないし、

日本の制度やシステム」の中には、
日本文化の伝統的な良さを秘めたものがたくさんあるはずで、

それを単純に世界基準に合わせるのが良い事のように考える軽薄さが国会議員として許せない。

今回、20年も前の発言が急に取り上げられて当人も面食らってるだろうが、
自分の公式ホームページにはまだしっかりと載っているのだから、対処が甘すぎる。

次期総理大臣の候補者として、
僕達は、いったい誰にこの先、期待したらいいのでしょうか? ( ̄(エ) ̄;)ノ~~~

では次回、またよろしくお願いします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

76.実現希望リスト

  • 2020/11/24(火) 14:15:00

言いたいことは、たくさんあるんだ。

試しに、書き出してみよう。

国会運営の正常化
・憲法改正。
・質問時間の政党間割り当て適正化。
・質問主意書書式の適正化。
・各種委員会開催の適正化。
・国会、及び、各種委員会の中継専用チャンネルの新設と24時間放送。

朝鮮人(及び、中国人)関連
・通名の使用禁止(日常生活上も、報道に関しても)。
・国籍証明証携帯義務規定の強化。
・日本への帰化条件の厳格化。
・土地購入者の国籍条項規定の厳格化。
・生活保護認定の厳格化(適正化)。
・マイナンバーカードの完全普及。
・朝鮮半島との文化交流の最小化。
・朝鮮人・中国人等不法滞在者及び犯罪者の本国強制送還。
・アイヌ民族の先住民認定解除。
・拉致被害者全員の帰国実現。
・モンゴル、チベット、ウイグル地域への各国視察団の入国要求と非難決議採択。

軍備充実・スパイ防止関連
・機密情報保持、及び、漏洩違反罪の立法(スパイ防止、処罰法)。
・軍備費1%枠廃止と自衛官給与の増額。
・武器開発の合法化と中距離ミサイル、及び、小型原爆の開発と保持。
・共産党政党の非合法化の立法。

メディア対応関連
・放送法遵守規定厳格化と処罰規定の明確化。
・メディア適正化法案厳格化

経済政策関連
・原子力発電所稼働の適正化と管理・護衛組織隊新設。
・中国・朝鮮半島との貿易等経済取引最小化。

皇室関連
・宮家の増設。
・男系天皇のみの継承確認。

歴史教育の適正化
・歴史教科書の内容の適正化。
・教科書検定制度の適正化。
・「日本歴史」の編纂。

(※勿論、現行の日本学術会議は廃止とし、完全民営化への移行を図る。)

まだ、この他にも、忘れていることが有るかも知れない。

こんな風に、実現したい事や希望する事はたくさんあるのだけれど、
ここ(ブログ)で日々、細々と主張し続けていたとして、

それによって何かの効果が生まれるものだろうか?とふと思ってしまうのだ。

毎日、渾身の力を入れて真剣に訴えてるつもりではいるのだけれど、
わずか数人の方々に読んでいただいてるだけで、

実際に何か少しでも希望の実現につながるような力になっているのか、
どうにも自信がなくなってくる。

ブログのサイドには推薦する読んでいただきたいブログも貼り付け、
大事だと思う情報の拡散にも努めているけれども、

中国共産党という相手が、
あまりにもえげつなくて、巨大で、いたるところに入り込んでいて、

次から次と尽きることなく繰り返し、
いやらしい攻撃を仕掛けてきていることを感じるにつけ、

ほとんど何の力にもならない、何の効果にもならないのではないかという思いに、
心が少しづつ焦り、疲労感をおぼえ、どうしても落ち込んできてしまうんだ。

でも、まだまだ頑張るけどね!( ̄(エ) ̄;)

さらに効果のある行動がないものかよく考えてみるよ。

では次回、またよろしくお願いします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

75.「反日」と呼ばず、「売国」と呼ぶべき!

  • 2020/11/20(金) 11:35:00

現在、
日本の国益を損なうような活動をする連中の事を、
「反日」とか「反日的」という言葉を使って表現することが多いように思うけど、

しかし、「反日」という言葉は、
日本人ではない人間が日本社会へ仕掛ける工作や活動を言うような場合であって、

あくまでもそれは、
日本に対して反するという意味なのだろうという気がするんだ。
(※weblio調べ: 反日=日本や日本人に反感をもつこと。)
(※広辞苑調べ:反日=日本に反対すること。日本や日本人に反感をもつこと。)

日本人でありながら祖国である日本を貶めたり、辱めたり、ディスるというのは、
どうにも意味が理解できない気がするのだが、

そういう人間のことを昔は「売国奴」という言い方で表してきたと思うんだ。

売国というと、ちょっと古い言い方のように感じるけど、
それは太平洋戦争中に使われた時の国内の雰囲気に、

戦争遂行に反対する考えや行動を一律に「売国奴」と評して押さえつけ、
毛嫌いしたという記憶があるせいなのかも知れないとも思う。

つまり、
「安易なレッテル張り」的な歴史の記憶が付きまとってしまって、
どうしても本来的な言葉として意味・表現としては使いずらいというかね。

でも、現代は、
その言葉をリニューアルして、( ̄(エ) ̄;)
自分の国をディスる行為を「反日」とは呼ばず、「売国」とはっきりと呼ぶべきだと僕は思うんだ。
(weblio調べ:売国=私利などのために、敵国に通じて、自国の不利になることをすること。)
(広辞苑調べ:売国=自国の内情・秘密を敵国に通じ、または自国に不利で敵国の利益となることを企てて私利をはかること。)

その方が、
やってることの性格や意味がより明確になるし、
その悪どさが際立つ感じがするんだよね。

日本人であるのにもかかわらず、
日本の事で真実ではない事を言いつのり、日本と日本人を貶め、
侮辱する行為・活動をする者達の行いを、

はっきり「売国」・「売国的」・「売国活動」・「売国プロバガンダ」・「売国メディア」・「売国組織」。

そして、
そんな奴らの事を「売国」と評して、
しっかりと断罪していくべきだと僕は思う。

そう考えると逆に、
反日」と言う表現がいかにも軽くて腰が引けてて、
反発された時の圧をかわそうとするが故の弱さ・曖昧さをどうしても感じてしまうんだ。

では次回、またよろしくお願いします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

74.「不世出」という言葉が似合う人

  • 2020/11/19(木) 08:15:00

総理の記事
「ありがとう!安倍晋三総理」

これは単に、
この雑誌の編集者だけの感想だろうか。

いや、違うはずだ。

今、国民の多くがその想いを共有しているだろう。

かつて国民の多くが、
こんな思いを感じた総理大臣がいたことがあったのだろうか?

誠実に、優しく、一生懸命に、精一杯仕事をしてくれた。

外交の手腕で世界的に活躍し、
クズみたいな野党の「森友学園」・「加計学園問題」・「桜を見る会」といった、
くだらない言いがかりにしつこく苦しめられ、ヤジられ、罵倒され、

それでもめげずに精一杯国民の事を考えて、
体調を崩しながらも仕事をしてくれた総理大臣。

その事を多くの国民が知っていて、感謝していて、
退陣を残念に思うけれど体調を崩したから仕方がないと諦めて、

最後は、
心から「ありがとう!」と言わずにはいられなかった総理大臣「安倍晋三首相」

昭和・平成・令和の時代しか僕は知らないけれど、
こんなにも国民から大切にされ、感謝され、惜しまれ、
「ありがとう」という言葉をかけたくなる総理大臣はそれ以前にもいたことはないだろうと思うのだ。

これは日本の歴史上でもかなり特異な出来事で、
僕たちはその歴史的時代を今一緒に生きてる。

菅総理もまた、
共産党や立民・社民といったクズ共の揚げ足取りと難癖、ヤジに、
これからひっきりなしに苦しめられることだろう。

でも、7年8ヶ月もの間、
安倍総理をしっかりと支えてくれた人だから、

それらを単に受け流すだけでなく、逆に一歩も二歩も踏み込んで、
内外に大きな成果を残すような活躍をしてくれるはずだと信じていたいと思う。

安倍総理も最近元気そうで、
裏舞台でいろいろと活躍しているみたいでとっても嬉しいし、

日本は今、少しずつ「平和ボケ」が意識されつつあるように感じている。ヽ( ̄(エ) ̄)ノ


では次回、またよろしくお願いします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

73.「平和ボケ」による大失敗の例

  • 2020/11/18(水) 17:45:00

世の中が本当の意味で平和であるなら、
たいした緊張感も危機意識も、猜疑心なんてものも無くても何も心配がなくて、

私達はそのまま「平和ボケ」のままでも良いのかも知れない。

ただひたすら「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して(憲法前文)」さえいればいいし、
どんな政治家に対しても、その良心と誠実さをただ信じていればいい。

隣人の誠実さと優しさ、思いやりや慎ましさをまともにひたすらに信じて、
ボーッといきていてもチコちゃんに怒られることもないし、何も問題が起きないのかも知れない。

しかし、実際には、
隣国はどこも信用も信頼もならないクソ野郎国家ばかりだし、

政治家も、安心してないでやってることを良く見ていないと信用ならないし、
隣人を信じていてもいいのだが油断は禁物なのだ。

いつの間にか、
ダマされて領空・領海を犯され、領土を取られ、
商取引の契約をダマされた挙句に反故にされ、
いいように技術や資産を利用された上に取り上げられ、

気がついた時にはすでに遅く、
身ぐるみ剥がされて、国土ばかりか臓器まで取られてしまうことにもなりかねない。

一日も早く、一人でも多く、
僕は、日本と日本人が平和ボケから目を覚まして抜け出さないと、
大変なことになると思い続け、言い続けているのだけれど。

そう思うきっかけとなった事件のことを、
実際に多くの日本人はあまりそんな風にはとらえていない。

しかし、僕の目には、
それは日本人が平和ボケだからこそ起こしてしまった大失敗だったと思うんだ。

その歴史的な大失敗というのは、
民主党政権の誕生」のことさ。

あれは、
日本人が戦後の平和ボケの最高到達点でやらかしてしまった、
歴史的大失敗だったと思うんだ。

何の実績もないド素人集団に日本の国家の全権を任せてしまうなんて、

それは良く考えれば、
国家としての「自殺行為」でしかなかったと思う。

そんなことが正気でやれるのは、
「平和ボケ」の極致に至った「お花畑国民」しかいないんだ。

「鳩山」、「管」、「野田」という悪夢三兄弟は、
どいつもこいつも何の役にも立たないだけでなく、

世界に対して日本が大恥をかき、
大混乱を晒す結果しか生まなかった。

つまり、僕たちは既に、
平和ボケであるが故の大失敗」をしてしまってるんだよ。

大失敗どころか、歴史的大災害と言ってもいい出来事だ。

当然のごとく、
こいつらは歴史的大失態を演じて、周りにもロクなスタッフがいないから、
国家運営がめちゃくちゃになり、日本が世界からの信用を大きく失い、国内は大混乱に陥り、

誰もが打ちのめされて、国民としての活力を失い、
不明を恥じることになったじゃないか。

今でもそいつらは生き残って国会内にいるけれども、
何の役にも立たない連中だったことをいまだに証明するかのように、
しつこく政府の足を引っ張り、屁理屈をこねて政治のまともな動きを邪魔している。

どうしようもないクズ議員達ばかりであったことを思い出す度に、
惨めな気持ちになる国民の記憶に滓のような姿を晒している。

だから、僕達は、
隣国の動きをよくよく観察し、
政治家の情報を出来るだけ集めてしっかりと監視し、
普段から隣近所の住民のやってることを良く目配りして、
慎重に、緊張感を持って生きていなければいけないんだと思う。

改めて気持ちを引き締め、ネットの情報に敏感にアンテナを張り、
国民としてまともな国家の姿を考え続けていこうと思う。ヽ( ̄(エ) ̄)ノ

では次回、またよろしくお願いします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

72.創価学会って何者?

  • 2020/11/15(日) 18:00:00

自民党と一緒になって与党の一員という顔をしているけれど、

自民党が本気でやろうとすることにいつも変なブレーキをかけて、
切り口や決定を一段も二段も甘くするような圧力をかけるというイメージがどうしてもつきまとう。

裏で中国や朝鮮と妙に仲が良いという話もあるし。

何故、公明党の言う事をそんなに尊重しなきゃいけないかというと、

選挙の時に、与党として一緒に戦えば協力が得られて、
得票数の確実性が増すと言われているらしいのだ。

つまり、
選挙の時に助かるからというのが理由らしい。

しかし、それが事実だとしたら、
自民党の議員候補がドブ板選挙的な取り組みを普段からしていない、
或いは、してこなかったからいけないわけで、

もっと地元の村民、町民、市民、都道府県民と密に関わって、
自分の足元の信頼と支援をしっかりと固めるようにして政治をする議員になればいいのだろうと思うのだけれど、

自民党議員の闘い方のまずさや、力の無さ、政治家としての取り組みの甘さを補うために、
公明党の言うことにある程度、配慮しなきゃいけなくなってしまってるとすれば、

それは、本末転倒で、
せっかく当選しても思うように政策を進めることが出来ないならば、
何のための議員生活なのか、って話だと思うんだ。

単純に、
自民党議員のだらしなさ、地に足がついてない力不足で、

公明党にコバンザメのように引っ付かれて、
煮え切らない政策を繰り出し続けるのならば、

それより先に、
若手(?)議員の政治や政策への取り組み方をしっかりと指導し育てあげて、
取り組み自体を強化する必要があると僕は思うんだけど、違うのだろうか?



公明党は公明党で、
宗教と政治は別物として、建前は「政教分離」を謳ってはいるけれど、

内部での選挙時の締め付けの強烈さは噂にも聞いているし、
知り合いに学会員が何人かいて、選挙の時には毎回、必ず訪問を受ける。

でも、
本来、宗教とは信仰が心の中心になっている存在のものなのに、
それを政治の勢力を維持するために利用し、強制力を働かせるというのは、

筋違いというか、卑怯というか、基本的に間違ってると思うわけで、

そんなやり方が政治活動として許されている事自体がおかしくて、
強制する方も、されて従う方もその辺を大人としての自覚を働かせて、

きっぱりと切り離して、自由に政策自体、議員自体を真正面から見据えて、
判断してほしいと思うんだけど、

そんなことを言っても、
「理想論」だとか「机上の空論」だとかいうことになってしまうのかなぁ。

でも、いい加減こんな政治のやり方は、少しずつ変えていかなきゃダメだろうって思うんだ。

では次回、またよろしくお願いします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

71.7年前の朝日新聞

  • 2020/11/14(土) 17:55:00

冬が近づいてきたので、
今日はタイヤ交換に行ってきました。

そのために昨日、
汚れた野積みの冬タイヤを車に乗せるのに、
車内にひく古新聞がないかと探したけどなかなか見当たらなかった。

それもそのはず、
もう随分前に新聞を解約してしまってるので、
探したってあるはずがなかったんだ。

それでも、
探した挙句にやっと出てきたのが「2013年の朝日新聞」。

7年前だ。

従軍慰安婦の捏造報道の一件以来、
契約を解約する直前に届いてた古新聞で、

その年の旅行中の分を販売店に保管してもらってたのを、
数日後に受け取ってそのまま読まずに物置に入れてた。

当時は、朝日にはかなり腹を立ててたけど、
それでも汚れたタイヤの泥汚れよけくらいには使えるんだとわかって、
7年も経って、少しだけ得した気分になった。

今、朝日新聞について一番気に入ってる表現は、
朝日に書いてる事で、正しいのは日付だけ。」って言い方。(^_^)

販売部数がどんどん減って、
今や消滅しそうな雰囲気で、まずはメデタシメデタシだね。

戦争中は国民を戦争に向けて煽るだけ煽って、
終戦後は平和主義の信奉者であるかのような態度。

それでも大きな事件だけで、
「中国の旅」連載の捏造、珊瑚記事捏造、吉田調書誤報と、
次から次と国民を欺き、ミスリードし、変に焚きつけ続けてきたゴミ・メディアだ。

日本を馬鹿にし、日本人を馬鹿にし続けてきた連中が、
今まで平気な顔していられたという事自体がおかしいんだ。

今は優しい時代だから、
抗議のデモとかネットでの非難くらいで済んでるけれど、

今より荒っぽい江戸や明治といった時代だったなら、
とうに焼き討ちや打ち壊しに遭ってたとこだろうと思うね。

なぜ日本人のくせに、
祖国を辱しめ、混乱させ、貶める活動(=“報道”とは言えない)を続けるのか、

その意図がわからない。

その神経がどういう風にねじ曲がっているのかが理解ができない。

もしかして、
社員の多くは日本人ではないのだろうか?

とにかく、
この国にはもはや必要の無い売国専門の機関紙でしかない。

ネットの普及でその全体像が多くの国民に知れ渡ったお陰で、
今や情弱な年寄り達だけが有り難がってるばかりだ。

しかし、
まともな日本人からはほとんど相手されないアジビラにまで成り下がったけど、
どういうつもりでいつまでも馬鹿をやってるんだろうなぁ?

では次回、またよろしくお願いします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

70.勝手に取材拒否!

  • 2020/11/13(金) 15:30:00

街中を歩いていると、
デッカイTVカメラ持った小汚い奴と、
長いコードや段取りペーパー持ちと、
マイク持ったのがうろついてるのに出くわすことがある。

初詣とか、花見とか、特に、季節の変わり目に。

或いは、
ガソリンが値上がりしたスタンドとか、
物価が上がった時のスーパーとか。

基本、「政府の取り組みが悪い。」って、
「生活が苦しい。」と「不安に感じてる。」って言わせたくて、
街へ繰り出してきて、欲しいコメントを集めて回ってる。

質問も、
「政府の取り組みに対して何か言いたいことは?」とか、
「生活に不安なことは?」といった、

政府をディスる答えの期待できる聞き方しかしてこない。

自分達が勝手に決めた文脈に合う答えが欲しくて、
こちらが真剣に答えたとしても、望んでない解答だったら、
即、カットされて放送されることなんか無い。

そうやって、
政府批判と不安を煽るためのストーリーを立てて、
それに見合う街頭インタビューを集めて切り貼りし、

街の人の声」なり「庶民の感想」といったタイトル付けて、
もっともらしく解説して誠実に取材したことにするためなのさ。

だから、僕はずいぶん前から、
そんな奴らが近づいてきたら知らんぷりして遠ざかることにしている。

しつこく話しかけてくる時には、
うるさいから、(邪魔だから)あっち行ってくれ!」って露骨に取材拒否することにしてる。

第一、あいつらって、
「取材受けて、うれしいだろう?」って言わんばかりの態度で聞いてくる。

つまり、一般人にとっては取材されることが珍しくて、
「お前の意見をわざわざ聞いてやるんだぞ!」とか、
「取材されて、うれしいだろう?」っていう上から目線でマイクを向けてくるんだ。

しかし、
取材されたからって、有名人になるわけでもなし、金をもらうわけでもなし、
最初から相手の魂胆知ってて、たいした自慢になるもんでもないのにさ。

何をそんなに有難がって、喜べってんだ。

さも「うれしいだろう?」っていう恩着せがましい態度で聞いてくるから、
僕は絶対に何一つ答えてはやらないし、まともに相手してもやらない。

話しかけてくる途中で遮って、
「なんでもいいから、(じゃまだから)、どっか行ってくれ!」っていうことに決めている。



この頃、TVを見てる時は、
いつも必ず自分なりの条件を付けて見ることにしてる。

つまり、
・膨大な機材や人員を使って放映するに値する放送内容なのか?
・全国ネットで日本国民に視聴させるだけの意味や価値のある番組内容なのか?
・何十本ものCMを我慢してまで見る程、必要のある番組なのだろうか?

っていう目線で見ることにしているんだ。

そうやってTVを見てると、
数十分もたたないうちに次第に腹が立ってくるし、イラついてくるし、
それはNHKだって同じで、しれっと嘘を混ぜてくるだけやり方は民放より悪質で、

結局、どこのTV局も見てる時間に見合う内容も価値もどこにもなくて、
ただ自分達の稼ぎのためにCMをできるだけたくさん見せたいだけなんだって分かってくる。

TVの前に黙って座らせておきたいだけで必死でくだらない番組を作り、
さも視聴者のためになるかのような体裁で流して稼ごうとしてるって次第にわかって来る。

では次回、またよろしくお願いします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング