129.戦争の”変異種“

  • 2021/05/15(土) 19:25:00

武器を持って兵士が互いに戦うのが、僕は「戦争」だと思って育ってきた。

それがいつのまにか、
遠隔操作でドローンが飛び、地図を読み込んだミサイルが自ら経路を選んで標的に向かい、
衛星が敵基地の配置を全て読み取るようになった。

原潜は原爆を積んで少なくとも数ヶ月はどことも知らず海に潜り続け、爆撃機はレーダーに写らず、
海底ケーブルを経由して侵入したコンピュータ・ウイルスが他国の銀行やインフラや基地を襲う。

そうやって武器の性能や戦い方がスピードを増していることは知っていた。

ついこの前も、
音速の20倍近い速度で飛び、ほとんど防ぎようがないミサイルが、
ロシアで既に開発されて配備されたと聞いて驚いたし、

日本のイージスのミサイルは、打った時の殻が落ちてきて危ないから、
海へ持っていって使えと言われたなんていう情けない話も聞いた。

だから、
そんなミサイルや戦闘機、戦車や原潜が活躍する戦争とは、
違う形の戦争があるとまでは考えてなかった。

しかし、それはもう既に始まってしまってた。

その意味で、
コロナで本来なら死ななくて良かったのに死を迎えた者達は、
新しい形の“戦死者”と呼ぶべきなのかも知れない。

「新世代の戦争」、「新しい概念」の、
「人として考えてはいけない部類の戦い方」の「戦争」にも変異種が生まれたのだ。

コロナ・ウイルスが人類の抵抗力に対抗するために、
新種(変種)を生み出してなんとか生きのびる道を模索して逃げ切ろうとするように、

中国共産党勢力も旧来の形の戦い方では到底、革命など起きようもなく、

共産主義が、経済がジリ貧で惨めな国柄に落ちぶれていく同胞国家を、
生み出すだけなのが最早、明らかになったので、

このままでは勝てないと悟って新しい戦い方を編み出したのだ。

新種の、新しい発想の、非人道的な戦い方を編み出した。

我達は、そのことに早く気づいて、そのことを感じて、
理解しなければならない世紀に、今、突入して生きている。

日本人は、そもそも「善意」の民族だ。

基本、あくまでも「性善説」に生きる民であり、
元来、世界にも稀な「善良な民族」なのである。

自国民を過大に善良であると誇るな!」と彼方が言うなら、
私ははっきりと言い切ることができるが、

日本人らしい善良さを自らの内に感じないなら、
その段階で、あなたは生粋の「日本人」とは呼べない。

日本人は、国と国との約束を信じ、責任ある人物の誠意と言葉を信じ、
それを裏切ったり、欺いたり、騙したり、罠にかけてまで倒そうとするほど、
恥知らずで、卑怯な戦い方の発想を自らに許すような民族ではない。

「相手を出し抜いた方が優れている」などという”狡っからい“価値観や、
恥も外聞もない卑しい感性が骨身に染み込んで育った民族などとは違うのだ。

平和の穏やかさと、自然ののどかさと、清新な心の有り様を愛する、
優しく、誠実で、勤勉な民族なのだ。

野性と変わらぬ感性のままに進化したような愚劣で非道徳な国家でも民族でもない。

だから、
そういった発想にはなかなかついて行けないのも無理はなかったのかも知れない。

中国共産党(習近平)が、今回の武漢肺炎の世界的蔓延のメイン・ターゲットにしたのが、
一体どこの国だったのか、どの民族だったのかは、永遠に分からないかも知れない。

中国共産党は分からないように必死で隠すだろう。

それが世界から技術と経済的発展と富を獲得し終わったつもりになったからなのか、
自らの名誉と歴史的伝説の人物となるための長年の野望がやっとかなう国力を得たと判断したためか、

長い時間をかけて練られた作戦展開と、周到に準備された生物兵器(ウイルス)を使って、
全世界を相手に人類に対する最終全面戦争の試みを始めたという気がしてならない。

いちじるしい数の監視カメラと人物特定ソフトの組み合わせによる、
国内の反体制勢力の締め付けから始まって、

世界から到底許されるはずの無いモンゴル・チベット・ウイグルなどへの、
民族隷属、民族撲滅、民族浄化の拡張政策の展開。

アメリカの大統領選挙への介入と権力の掌握。
一帯一路の経済・軍事戦略的基地展開。

第一・第二・第三列島線への果てしない膨張の企みと、
未開・弱小諸国の経済的浸食と汚職誘導による隷属化。

実際に日本国内でさえ既に、
「中国に忖度」などというヤワな言葉で表現されるような影響力が発生していて、
与党の中枢部さえ思うように行動できなくされてしまっている始末じゃないか。

沖縄反基地運動とアイヌ非差別開放闘争による日本国民の分断工作。

慰安婦賠償問題と募集工訴訟問題による国内世論の混乱と資金調達。

反オリンピックとウイルス対策による政権混乱と国民の不安・不満と経済的疲弊。

これは単に、
中国共産党が至る所で狂ったように好き放題に暴れている。」という話ではない気がする。

世界同時多発戦争の展開が、今、着々と進んでいる状態なのだという予感がするのだ。

彼らはやる気でやっているのだ。

全ての戦線での今後の展開には、既に青写真は焼き上がっていて、
その為の準備もすでに終わっているのだと思う。

我々、おっとりとした人類は慌ててその後を、
必死で追いかけさせられている過ぎないのではないのか。

この頃、そんな不安がしきりに頭を巡っていて、
どんなニュースを聞いても、どんな紛争の話を聞いても、

全てがつながって聞こえてしまって、それらは連動していて、関連していて、
作戦の次の段階へと単に進行しているだけなのではないかという気がして、
心が全く休まらないのである。

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

スポンサーサイト



125.埋め込まれた「アレルギー」

  • 2021/04/28(水) 13:55:00

私達が、
過去の「戦争」というものを考えようとした時、

いつも、そこには古色蒼然としたフィルターのようなものがかかっているのを感じるのだ。

それは「白黒写真がセピア色にまで染まってしまうほど時間が経った昔の事」で、

何か古臭く」、「悲惨で」、「ひどく悲しくて」、「間違いだらけで」。

日本中が訳の分からない状態だった頃の話で」、
辛い思い出」で、「もう終わったこと」で、「誰かが勝手にやったこと」で、

いまさら掘り返す必要のない」、「すでに終わったこと」で、

今の自分には、ほとんど関りがない」、
関係無い時代の出来事である」かのようにどうしても感じてしまうのだった。

考えたところで、そこから得るものもあまり無い」気もして、

つい「今更、何の目的で振り返る必要があるのか?」と自動的に自問してしまい、

そそくさとその場から立ち去ったところで何の良心の呵責も特に感じず、

いつも別の、もっと明るい、もっと楽しい事を考えた方が良いような、
その方が普通で、当たり前の感覚であるという気分に追い立てられるように、

それ以上、考えるのをやめてしまう自分が常にいるのだった。

だから、
自然とそこからそれ以上何も学ぼうとせず、
知ろうとせずともそれでもいいと思いつつ、

反対の「未来」や「希望」や「可能性」や「自由」といった、
どうしてもより明るい事について考えようとする気になって、

なおさら「戦争」について考える気分を片隅に追いやって棚に上げてしまい、
いつも(戦争についての)無知をそのまま置き去りにすることになるのだった。

なぜ、そんなことになってしまったのだろうか?

いつから、そんなふうになってしまったのだろう?

それじゃあ、まるでアレルギーみたいじゃないか。

そうやって「戦争の記憶」は、長く置き去りにされたままにされたため、
もう固く、冷たく、乾いてかたまってしまった粘土のように動かずただそこにあるばかりで、

私達の方から丁寧に話しかけなければ、何も自らを語ってはくれない遺物となってしまった。

時間が経ちすぎてしまって、「記憶」自身が生々しく、自由に、のびのびと、
あるがままに戦争を詳しく語れた時代はとうに終わってしまったのだ。

爺さんも、親父も、母さんも、
戦争の事など話そうとはしなかった。

すっかり疲れていたからか、嫌気がさしていたからか、
忘れたかったからなのか、私達子供の気分を大切にしたいという優しさからであったのか、

戦争中の苦労も、日本人が頑張ったことも、
外国の冷淡な振る舞いも、悲惨で苦しかった思い出も、

ほとんど何も語らずに黙って行ってしまった。

その世代から既に戦争の記憶の隠蔽が始まっていたんだ。

日本国民自身が自国の過去を憎み、後悔し、嫌悪し、忌み嫌うように、

戦争についての記憶を国民の気持ちとは全く違う色に、
まるで塗り絵の彩色を勝手な色に変えるみたいに、

語れないように、考えたくならないように、目を背けるように、
憎しみを煽るように、後悔しか残らないように、、、。

ラジオで、TVで、新聞で、雑誌で、教育で、、、。
繰り返しラジオで、TVで、新聞で、雑誌で、教育で、、、。

さらに繰り返しラジオで、TVで、新聞で、雑誌で、教育で、、、。
何度も何度でもラジオで、TVで、新聞で、雑誌で、教育で、、、。

何が本当で、何が嘘か分からない事を、ラジオで、TVで、新聞で、雑誌で、教育で、、、。
いつまでも終わる気配なくラジオで、TVで、新聞で、雑誌で、教育で、、、。

終いには、
日本人自身が作り出した嘘までラジオで、TVで、新聞で、雑誌で、教育で、流し続けた。

そしてそれは今も、すっかり方向性が決まってしまっていて、
ラジオで、TVで、新聞で、雑誌で、教育で、作られた記憶の二度塗り、三度塗りが続いている。

洗脳」という言葉は、
スパイや新興宗教に対してだけ使う言葉ではなかった。

一国の国民全員に対して世代を越えて行う「洗脳」というものもあったのだ。

それが、
WGIP(ウオー・ギルト・インフォメーション・プログラム)の真の姿である。

全てはそこから始まった。

終戦時の国民の数、約7200万人に対して一斉に、徹底して始まった、
一国家、丸ごとの洗脳攻撃の結果が、

76年経った今も、
共産党にかぶれる馬鹿な半端者をいまだに次々とほじくり出して国会へ送り、
メディアにたむろして偽記事を駆使して遊ぶジャーナリスト達を甘やかし、

平和とか友愛、反戦とか非核、さらには、非差別とかLGBTとか、
次から次と流行りの屁理屈に浮かれる中二の厄介者をたくさん湧かしては、

そうした新興宗教の信者に囲まれたパーティー気分で「新聞」は発行され、
記者会見ではスクラム組んでしつこく政府に無駄に噛みつき続ける。

TVのワイドショーを目隠しに使って、
この国をまるで赤子のように無防備で、無抵抗で、
自由にしゃべれないように押さえつけ、

好き放題に食い散らかし、イビリ倒し、いたぶって、蹴散らかして暴れ回り、
ドヤ顔で的外れな事しか言えない不勉強な屑野党をいつまでも守り続けてしまっているのだ。

WGIPは、
日本」という国家が、世界ではじめて犠牲者となったのだろうが、
それは「人類史上、最も罪深く、狡猾で、許しがたい戦争犯罪」であって、

一つの国の国民丸ごと、何代にも渡って過去を振り返って考えようとする思いを失わせる。」、
恐ろしく非人道的な効果を秘めた卑劣な攻撃と言えるものだったのだ。

私達は、もう一度、その攻撃がはじまった時点までしっかりと舞い戻って、
アレルギーの源を完全に取り除かなければならないのである。

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

100.「第二次日中戦争」ってもう始まってんでしょ!知らんけど?( ̄(エ) ̄;)

  • 2021/01/28(木) 15:25:00

戦争」というものに対するイメージは、
人それぞれだと思うけれど、

爆撃機が襲来して爆弾を落とすとか、
戦闘機同士が空中戦をするとか。

銃を持った兵士が大挙して上陸してくるとか、
戦艦がやって来て艦砲射撃するとか、戦車が大地を走り回るとか。

そんな武力と武力のガチンコ対決だけが「戦争」の姿ではない。

早い話が、
コンピュータ回線を利用して相手国の国民の世論動向や敵対心、緊張感、警戒心を操作して緩めるとか、
偽サイトや極秘回線への侵入によって重要情報を盗んだり、経済システムの体系を攪乱して巨額の詐取を働くとか。

あるいは、
国防に関する機密情報や兵器の技術情報、精密機械の企業秘密や契約情報・人事情報を盗み出したり電子機器の撹乱を引き起こすとか。

一つも火花は飛ばず、生命の危険もほとんど感じさせない熾烈な「戦闘」や「攻撃」いうものは、
もう既に多くの局面で、静かに、激しく、もう何十年も続いてきていて、現在もさらに進行中なのだ。

政治家や企業家、研究者や技術者達に金を握らせたり、楽に儲けさせたり、
ハニートラップを仕掛けて、警戒心を解き、油断させ、
相手の国内へも大手を振って進出して、要衝となりうる土地を買い漁り、水源地を買い占める。

あるいは、
年間何十キロもの麻薬覚醒剤危険ドラックといった薬物を、
大量に相手国内へ流入させ続けるのも、

単に薬物中毒者を増やして儲けようって目的だけだと思ったら大間違いなのだ。
(※警視庁:薬物に関するデータ
  
国内に重症の薬物中毒者が増えることが、
相手国にとってどれ程、御しやすく有利に働くかはちょっと考えればすぐに分かることだ。

銃や大砲、火薬なんかを使わなくても、
情報を操作し、世論を誘導し、
金や女(男?)をつかませ、薬をつかませ、

政治家から企業家から放送局から新聞から根こそぎ抱き込んで、
相手国の国民の多くがお花畑ですっかり浮かれている間に、

現代の日中戦争は気づいた時にはもう結果が出ていて、
既に終わっちまってるってことになるらしいよ、シランケド。(ToT)/~~~

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

85.まさかコロナと選挙はセットじゃないよな?

  • 2020/12/11(金) 20:30:00

今、武漢肺炎が世界中に蔓延して、
何百万人もが罹患し、死亡し、あらゆる組織がガタガタになっているけれど、

そんな時に折悪く、
アメリカの大統領選挙があって投票に異常が見つかり、
アメリカ合衆国自体もガタガタになってしまっている。

4年前の大統領選挙の時には、
トランプと闘うヒラリーを勝たせるために今回のドミニオン投票システムを既に使っていたという話まで出てきて、

中国はそれじゃあ、
「いつからアメリカの内政の混乱を狙っていたんだよ?」という話にまでなりそうな雰囲気になってる。

でも、そう考えると、
武漢肺炎を世界に流行らせて自由主義陣営の勢力や軍事力、発言力を大きく削いでおいて、

同時に、
アメリカ合衆国の大統領選挙を大混乱させることによって勢力を弱めることが出来れば、

中国が世界に乗り出していくタイミングとしては絶好のチャンスが生まれることになるのは事実なのだ。

それじゃあ、
武漢肺炎の流行」と「アメリカ大統領選挙の不正と大混乱」は、

元々、ワン・セットだったんじゃないかと僕は思ってしまったんだ。

これは何の根拠も無い、
僕の勝手な、全くの仮説だから、その点は断っておくね。

でも、
あまりにも中国に都合よく物事が展開したことと中国共産党の悪どさから考えると、
僕にはあながち全く的外れな仮説(?)・予想(?)という訳でもないという気がしてくるのさ。

これで、
トランプさんが二選に成功し、
世界が中国共産党のクズっぷりに気づくという結果になれば、

いよいよ、
習近平の失脚、あるいは、中国共産党の解体か崩壊という、
歴史上の大転換点が訪れるかも知れないんだよね。

そんな意味でも、
僕はトランプさんの選挙の勝利を胸が痛くなるほど願っているんだ。

・・・・・・・・ここまでが、昨日(12月10日)の午後7時23分41秒までに書き上げていた原稿。

この時点では、全くの僕の勝手な妄想だと思っていた。

でも、さっき「政経ワロスまとめニュース」を見ていたら(11日午後7時半過ぎ)出てきた記事に、
【米大統領選】米情報長官、中国の悪事を次々に暴露してしまう動画でネット騒然wwwwwwww

ジョン・ラトクリフ国家情報長官がFOXニュースで語ったという内容に、
僕のこの妄想も事実として入っていた。

COVID-19のパンデミックは中国共産党によるアメリカ大統領選挙への干渉が主目的であったと断言」と。→→→→→【米大統領選】

こんな場合、
「当たったぁ!」と言って喜んでいいのか、悲しんでいいのか、ですが、

とりあえずはトランプさんが勝って、
中国共産党と習近平が完全に失脚することを祈るばかりです。

想像を越えたところで中国が実際にそこまで悪どかったという事実に驚くとともに、
やっぱり「僕達はしっかりとしなければいけない。」という思いをさらに強くしたところです。

では次回、またよろしくお願いします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

74.「不世出」という言葉が似合う人

  • 2020/11/19(木) 08:15:00

総理の記事
「ありがとう!安倍晋三総理」

これは単に、
この雑誌の編集者だけの感想だろうか。

いや、違うはずだ。

今、国民の多くがその想いを共有しているだろう。

かつて国民の多くが、
こんな思いを感じた総理大臣がいたことがあったのだろうか?

誠実に、優しく、一生懸命に、精一杯仕事をしてくれた。

外交の手腕で世界的に活躍し、
クズみたいな野党の「森友学園」・「加計学園問題」・「桜を見る会」といった、
くだらない言いがかりにしつこく苦しめられ、ヤジられ、罵倒され、

それでもめげずに精一杯国民の事を考えて、
体調を崩しながらも仕事をしてくれた総理大臣。

その事を多くの国民が知っていて、感謝していて、
退陣を残念に思うけれど体調を崩したから仕方がないと諦めて、

最後は、
心から「ありがとう!」と言わずにはいられなかった総理大臣「安倍晋三首相」

昭和・平成・令和の時代しか僕は知らないけれど、
こんなにも国民から大切にされ、感謝され、惜しまれ、
「ありがとう」という言葉をかけたくなる総理大臣はそれ以前にもいたことはないだろうと思うのだ。

これは日本の歴史上でもかなり特異な出来事で、
僕たちはその歴史的時代を今一緒に生きてる。

菅総理もまた、
共産党や立民・社民といったクズ共の揚げ足取りと難癖、ヤジに、
これからひっきりなしに苦しめられることだろう。

でも、7年8ヶ月もの間、
安倍総理をしっかりと支えてくれた人だから、

それらを単に受け流すだけでなく、逆に一歩も二歩も踏み込んで、
内外に大きな成果を残すような活躍をしてくれるはずだと信じていたいと思う。

安倍総理も最近元気そうで、
裏舞台でいろいろと活躍しているみたいでとっても嬉しいし、

日本は今、少しずつ「平和ボケ」が意識されつつあるように感じている。ヽ( ̄(エ) ̄)ノ


では次回、またよろしくお願いします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング