128.エイリアンの卵

  • 2021/05/14(金) 12:50:00

現在、左派の「攻撃」は大きくまとめると二カ所で行われていて、

①“コロナ禍状況は、ドンドン悪化している”と不安を煽る戦いと、
②“オリ・パラは、中止すべき“の気運を醸し出すゲリラ戦との、二つのようだ。

第一戦場では「政府にはコロナ対応能力が無いから悪化の一途。」と攻撃して政権の不安定化を狙う。
「政府の対応が悪い!根拠が希薄!」・・・・・・・・・・・・・ソーダァ!!
「蔓防が国民を苦しめてる。目が行き届いていない!」・・・・・ソーダァ!!
「ワクチンの接種が驚くほど遅いし、少なーい。手際が悪い!」・ソーダァ!!

どさくさに紛れて「この際、政権をヨコセーッ!」by 枝野
                    ・・・ (本物のバカか、お前は?)

第二戦場では「中国擁護のためオリ・パラを中止させ、来年、中国には実施させるつもり。」
「オリンピックは無理だ、中止しろっ!」・・・・・・・・ソーダァ!!
「何がなんでもやるって、暴走状態だゾ!」・・・・・・・ソーダァ!!
「どっからも選手なんて来やしないぞ!」・・・・・・・・ソーダァ!!

「意地でもやろうするのは、政府の横暴ダーッ! 
                犠牲者が増えるぞーッ!」(by 共産党)
「オリンピック選手は、出場を辞退しろ!開催に反対しろ!」(by 共産党)

逆に、
「尖閣」・「台湾」・「ウイグル」などの問題については、
揃いも揃って、ツイッターでも、TVでも、国会カメラでも、
野党は一切、追求発言しないし、マスゴミも話題にも載せない。

TVは、コロナ禍の恐怖を語る医者とMCがセットになって国民の不安を煽り、

一方で、
「飲食店が疲弊している。」と騒ぎ立てて対策と結果の両面から、
政権へ波状攻撃を繰り返す。

毎日、
芸人やタレントを使ってどの局もオリンピック中止の気分を煽り、
飲食店経営や演劇・イベント関連がひどく可哀想だと同情して見せる。

どのワイドショーも罹患者数を一覧表にして、
国民はもう我慢の限界で、政府の要請の効果も信頼も薄れてきてると、
政権批判の援護射撃を続け、

憲法改正も、Lineの秘密漏洩も、放送免許問題も、
あっさりと放ったらかしな様子は不気味な程だ。

「温暖化大変だ」、「炭素税だ」、「プラスプーンは有料化」、「コロナ復興税」
と、ほとんど意味がないことには騒ぐが、
それは目眩し(めくらまし)で目眩(めまい)がしそうな毎日になってる。

その感じは、ちょうど映画で、
エイリアンの卵が並んでる所を発見したシーンのようで、

次々と卵の蓋が開き始め、
あっちでもこっちでも無責任で思いつきの発言をする連中が一斉に口を開きはじめ、
次々と孵化しだした時の不気味さにそっくりだ。

とっても気持ちが悪い!

ただ、誰が左で誰が右か、
【+追加文→そして、誰が中国に取り込まれているかが、
すっごく分かりやすい国になったものだとは思う。(^_^;)/

①メディアの影響力の適正化と厳罰化(ファクトと責任)。
②国会運営上の「慣例」(全党合意とか、満場一致でしか進めない)の見直し。
③各省庁官僚の不作為・無為・偏向の追求と、政治主導の強化。
【+追加文→官僚の不作為・サボタージュは、常に政権の失態・失政となる。

そろそろ真っ当な政治の進め方を国民みんなで監視して、
もっとスピード感を持って是正していける時代になってほしいと思う毎日なんだよネ。

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

スポンサーサイト



101.そうだ、事務所へ行って聞いてみよう!!

  • 2021/01/29(金) 15:25:00

政治家には、
地盤・看板・カバン」という三つのバンが必要だという言葉があるという。

地盤」とは、政治家・予定候補者が定着して活動していて一定の支持者を持つ地区。
より具体的には選挙区内の支持者の組織(後援会)を指すらしい。

看板」とは、看板のように市中に知られている(目立つ)ということの喩え。
あるいは、誰もが知っている有名人などといった知名度が高いと選挙の時に始めから有利となる。

そして、
カバン」とは、活動資金と言う名の「札束」の入ったカバンということらしい。
(※選挙は公営にもかかわらず、資金が要るとされる主な理由は、高額な供託金(国政選挙では100万円単位)の他、
 選挙期間前に行われる事実上の選挙対策(政治活動・地盤培養行為扱い)に必要な事務所経費(賃料・人件費・通信費)、
 交通費や後援会活動費(機関紙・部内資料・ウェブサイト・ポスター・街宣車など)などがある。)

この頃は、地盤を大事にして支持を確保するドブ板選挙というような、
丁寧な町内への挨拶回りや地区の人々との意思疎通を図る地道な活動を続ける議員や政治家が少なくなったと言われる。

逆に言えば、
私達も自分の住んでる地区や町内の代議士や議員が誰なのかよく知らないのだ。

あなたは、自分がひいきにしている政党の代議士はどこに居て、
なんていう人なのかを知っているだろうか?

あるいは、
地域の名士といわれる人がいったい何党に所属していて、
どういう人柄で、どういった政策に熱心に取り組んでいる方なのかを知っているだろうか?

そして、
その人の政党事務所や活動拠点が町内や地区のどこら辺にあるのか知ってるだろうか?

つまり、
実際の政治の現場に接点を持っている方々の事を私達は普段から知らな過ぎると思うのだ。

相手だって忙しいのかどうか知らないが、
選挙の時くらいしか、町内や地区の集まりに挨拶なんかにはめったに来ないことだろう。

もし、あなたが本気で我が国の政治に関心があり、いろいろな不安を感じているのだとすれば、

実際にどんな風に政治の現場が動いているのかについて、
そういった地域の代議士や政治家の居る事務所や政党の拠点へこっちから訪ねていって、
ゆっくりと話を聞いてくればいいと思うのだ。

例えば、
どうして「その政党」に所属しているのか? 
どうして政治家を志したのか?
今、何について取り組んでおられるのか?

あるいは、
その方が、「ウイグル」・「モンゴル」・「チベット」についてどんな風に考えているのか?
「中国(共産党)」の横暴についてどういう感想を持っておられるのか?
尖閣諸島や北方領土、沖縄の基地建設について、どういったスタンスでいるのか?

さらには、
「原子力発電」についてどんな風に考えているか?
「核のゴミ処理」についての考え方はどうなのか?
福島の処理水の問題については、どのようにしたら良いと考えているのか?
 
そういったことを、あなたは是非とも知らなければならないと思うのだ。

ただ気をつけてほしのは、相手もれっきとした大人であるから、
あくまでも話を聞かせていただく。」というスタンスで臨むことが大切だろうと思う。

あなたの考えを一方的に主張・強制したり、
「こんなことも知らないのか!」などと食ってかかるためにいくわけではない。

あくまでも政治家としての現場の様子を伺いにいくわけで、説教や指導の為に行くわけではないのだ。

あなたがたとえ何歳であろうと関係なく、地域住民の生の声を聴いてもらって、
何かに少しでも役立ててもらおう位に考えていた方が良いと思う。

それだけでもあなたにもきっと得るものがあるはずで、
一人で行くのに勇気がいるなら、友人と一緒に行くといいだろう。

一度とは言わず、時間を作って社会勉強だと思って事務所とやらへ出かけていって、
じっくりと政治の現場の話を聞いてきてみることを勧めたい。

その結果、
自分も政治家になってみようかな。」なんて考えることになるかも知れないし、
あなた自身の問題意識・やる気が本物なのかどうか。」という試金石となるかも知れない。

とにかく、何か少しでも動きださなければ、
いつまで経っても、何も変わらないのだと思うのだ。

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

96.あくまでも「法と秩序」に基づいて行動する人

  • 2021/01/21(木) 19:35:00

驚くほどあっさりと、
トランプさんはホワイトハウスを去り、
バイデン爺いが大統領に就任したようですね。

私達が期待し、多くの事情通が待ち望んだような、
痛快でドラマチックな展開とは全然なりませんでした。

でも、
その間のトランプさんの動きをよくよく考えてみると、
胸の中は煮え繰り返っていたでしょうけれど、

あくまでも冷静に、法的な手続きを重んじて、淡々と出来る事やれる事を模索し、
強引な行動にはけして出ないようにしていたように思います。

トラブルや暴力による犠牲者をけして出さないように。

そして、
不法な事や不正、脅しや暴力のような乱暴な手段を自らに禁じて、
極めて真っ当な、冷静で落ち着いた態度を貫いて物事を進めていたように思います。

その姿勢は私達俗人が出来るほど簡単ではなく、
極めて強い決意と信念に基づいた、感情を抑える彼の強さを表しているのだと思います。

私達は、そこからは「忍耐強さ」というものの大切さが学べるほどです。

文字通りアメリカ国民の半数以上が敬愛し、信頼し、応援している存在ですので、
トランプさんの未来は今でもなお明るく輝いています。

簡単に諦めるというよりは「大切な自分の使命」に気づいて、
(目の前の大統領の地位という)結果をいたずらに急ぐのではなく、

これからの人生を徹底してそうした仕事に最後まで尽くしていくんだという、
並々ならぬ秘めた決意の大きさのようなものさえ感じます。

僕はこれからもトランプさんの応援団でいたいと思います。

暗殺などというアメリカ社会の悪しき病理に見舞われる事なく長く力強く活躍して、
世界の最先端を力強く突き進むアメリカという国家の輝きを通して、

この惑星の多くの国々の正しい進歩・発展に、
力を分け与え続ける存在なって欲しいと思います。

まずはひと時、
ゆっくりと休んでいただきたいと思います。

トランプさん、お疲れ様でした。
本当に、ありがとうございました。

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

95.今は、生きた政治の姿を学ぶ良い機会なのかも知れない

  • 2021/01/20(水) 15:25:00

一日一日と、米国大統領就任式の日程が近づいてきています。  

何が起こるんでしょうか?

何も起こらないのでしょうか?

急激な変化・変革でケリがつかないとすれば、
長期間、アメリカ国内が落ち着かない日々が続くのでしょうか?

トランプさんは、覇権争いを繰り広げる中国の調子づいた侵略の触手を、
至るところで出来るだけきつく叩き、

中国が怖気づいて多少大人しくしている間に時間を稼いで、
米国内のならず者達の清掃・浄化を落ち着いてしっかりとやる。」というつもりなのでしょうか?

今ほど、
「大統領」とか、「指導者」とか、
「政治家」とかいう存在の価値と影響力の大きさを感じる日々はありません。

「国家」とか「社会」とか「国民」というものが、
どういう風に反応し、どういう風に振り回され、どういう風にないがしろにされていくかが、
現在進行形でひしひしと感じられるような毎日です。

アメリカの議員の事は良くわかりませんが、
日本の野党の議員の姿は多少はわかります。

生半可で、テキトウで、ろくにまともな仕事が出来ない連中。

屁理屈を言い、批判ばかりを繰り返し、
日本の為に何をするのが良いのかなんて考えもしない連中。

肩書だけは「政治家」と付いているけれど、
一人につき年間1億円もかかるただのバカ達。

日本の為に時間を惜しんで、人生をかけて、
日夜悩み、苦しみ、工夫してくれているのなら、
税金をいくら使ってもらっても良いだろう。

しかし、
如何にクズで、役に立たない、国会周りに溜まった澱やカビのような存在であるかに、いまさらながら嫌悪感しか感じません。

それもこれも、全ては「国民が愚か」だからで、
能天気で、お花畑にのんびりと暮らしているからです。

多くが政治を真剣に考えていません。

自分の毎日の生活に目を奪われ、
目の前の、手近で些細なことにばかりに心を奪われてしまっていて、

真っ当な国家。真っ当な社会。
真っ当な政治の姿を追い求める緊張感がもう何十年も失われてしまっています。

一人でも二人でもいいからたまにお花畑から少し連れ出してあげたり、
一本でも二本でも新聞契約を納得の上で解約を勧めたり。

あるいは、
ネットの政治解説のブログや動画をPCやiPadなんかで時々見せてあげましょうよ。

それも私達の責任の範疇であると思うのです。



現在、これは僕の全くの予想でしかないのですが、

「大統領就任式を終えた瞬間にバイデンの犯した犯罪が確定的となり、
 そのことでやっとトランプさんが本格的に連中の拘束に動き出せるようになる。」
というシナリオで動いているんじゃないか、って感じています。

アメリカの法律には詳しくないですが法律上の規定によって、
罪が決定的にならなければ処罰出来ないという事情があるんじゃないか、
なんて思って期待しているのです。

違うかなぁ?!(^_^;)

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

94.ゴー!ゴー! トランプ!!ガンバレーッ、トランプ!!ヽ( ̄(エ) ̄)ノ~~~

  • 2021/01/19(火) 10:25:00

1月20日(日本時間で21日)前後には、
アメリカ大統領選挙の結果に関して何かが起こると言われています。

私は今、
YOUTUBEの篠原常一郎氏のレポートを待ちわび、
張陽チャンネルの話や大紀元ニュースのレポートをしっかりと聞き、
及川幸久氏の解説を心待ちにしながら毎日を送っています。

聴けば聞くほど、
オバマという男がいかに糞野郎だったか、
ヒラリーという女がどれほどクソ女であっるかが伝わって来て、

情報に疎いということがどれほど恐ろしいことなのかを、
ヒシヒシと思い知らされているところです。

また、
iPadで篠原氏の放送を待ち望み、
毎日、耳をすまして必死に聞き入る自分の姿に、

まるで第二次世界大戦中のヨーロッパで、
人々が戦況の情報を少しでも知りたいと、

雑音に交じって聞こえてくるラジオ放送に、
必死で耳を澄まして貪るように聞き入っていたであろう姿を想起させられて、

緊迫感と恐怖感と時代の変化を感じています。

ラジオがiPadへとメディアが進化して変わっただけで、
「いつの時代にも、住民は真実の情報を求めて必死になるものなんだ。」なんて、
変な感傷にひたってしまいます。

そして、昨日、ハタと気づいたのですが、
安倍首相が体調を崩して8月末に退任しましたが、

よくよく考えてみると、
トランプさんが現在のような大きなトラブルに巻き込まれてしまってる状況で、
世界で一番の信頼関係を築いてると見られている指導者として安倍首相が、
現在もし在任中だったら、

トランプさんとの距離感にどういう立ち位置を取ればいいのかが、
おそらく大変難しいものになっていただろうと思うわけです。

その意味では、安倍首相の総理退任は、
時期的に奇跡的とも言える程、絶妙のタイミングで有利に作用したのではないかと思ったりするのです。 

安倍首相にはすぐにでも帰ってきてほしいのですが、
米国のゴタゴタがある程度落ち着いてからの方が、

トランプさんにとっても動きやすいのではないかなんて思ったりします。

どうでしょう?

トランプさんには思う存分やりたいようにやっていただいて米国の状況が落ち着て、
ある程度の方向性が見えてきてから安倍総理には再度もどってきていただく方が、

お互いにとって余計な事に煩わされずに一番動きやすくて良いのではないかと、
僕は思うのですが身勝手すぎるでしょうか?( ̄(エ) ̄;)ノ~~~

では次回もまた、よろしくお願いいたします。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング