3.醜い物言いが、人柄と思考を表す。

  • 2020/08/31(月) 11:35:00

この数年で、
世の中の政治的発言の傾向がはっきりとしてきたように感じる。

左翼?、パヨク?、リベラル?、野党?と言われる人達の発言、批判、不満の言葉使いが、
やたらに汚く、乱暴で、口汚い。

もう、
ケンカ腰の、書きなぐりの、言いたい放題の、
単なるわめき散らしに過ぎない感じがする。

「政治的に政策を批判する。」というのでもなく、
「新たな政策を提案する。」という訳でもなく、

自分の悪感情に任せて、相手政治家をただ口汚く罵り、馬鹿にし、こき下ろす。
だけのためにコメントする連中。

不満を発散し、イライラをぶつけ、
どれだけ相手が傷つき、苛立ち、腹を立て、

理不尽に感じるかを試すかのように言い募る。

それは、
政治的発言というよりは、
ただの悪口で、罵倒で、ヒステリーの解消作業のようにしか見えない。

そうした姿を見るだけで、
その人達がたいした人達では無いことが分かる気がする。

・言葉選びの幼稚さ。
・言い方の乱暴で無礼な様。
・相手に対する敬意の無さ。
・政策論議的な内容の無さ。
・人としての、怒りやあざけりの沸点の低さ。
・情報弱者的言いがかりと、自説の妄信的主張。

どれを取っても、
けして仲間にはなれそうにない人柄を感じる。

だから、
「左」であるか「右」であるかの以前に、
人として仲間にはなりたくない連中だ。」ということを肌で感じるのだ。

そういう連中にかかると「安倍さん」は、クソミソだ。

しかし、
7年8ヶ月もの長きに渡って日本の総理を務めた人物が、

何の能力も無く、性格も悪く、実績も無く、成果も無く、
人として全てが間違っていた、まるで犯罪者であるかのように表現する者が多いのだ。

誰が考えたって、そんなことがある訳がないだろう。

でも、
それを平気で言い張るのだ。

口汚く罵り、臭し、罵声を浴びせ、
貶める限界まで貶める。

それだけで、
その人間達がどの程度の者達であるかが分かる気がする。

私の言ってることは、おかしいだろうか?

それだけで、
主張を聴かなくても、まともに取り合わなくても、
相手をする価値の無い連中だということが肌感覚だけで分かる気がする。

左翼?
リベラル?
野党?
改革派?
立憲主義派?

何をどういうつもりで言ってるか分からんけど、

もっともらしいレッテル?枠組み?ククリ?で言われる、そんな連中だけれど、
ちょっと、何言ってるかわからない?」(※サンドイッチマン風)っていう感じで、

その主義・主張を落ち着いて聞いてみるまでもなく、
ただの馬鹿の集まりなんだ。」と、自ずと分かってしまうんだ。

そんなのが政治的発言だなんて、
到底、認められないのさ。

では、次回また。<(_ _)>


下のタグをクリックしていただくと、
私への応援になると同時に、(^.^)/~~~

各ランキングサイトに登録されてる同種のブログへ跳んで、
ご覧いただくことができます。
 
 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ       
 FC2ブログ    にほんブログ村      社会・政治問題ランキング

スポンサーサイト